まるごと青森

twitter facebook rss
りんご生産者が、ハチを増殖中

りんご生産者が、ハチを増殖中!

特産品・お土産 | 2012-05-14 19:29

青森県では、さくらの花が散り終えると、りんごの花が咲き始めます。
今年も、いよいよりんごの花が咲き始め、今満開を迎えようとしています。

りんご生産者が、ハチを増殖中

津軽地方のりんご地帯は、かわいらしいりんごの花に覆われます。
山頂に雪をかぶった岩木山をバックにすると、まさに津軽の春の風物詩です。
津軽三味線の音色が聞こえてきそうです。

この時期のりんご園では、たくさんのハチがりんごの花粉を求めて飛び交っています。
「ハチは怖いよ!」と思われた皆さん、ご安心ください。

りんご生産者が、ハチを増殖中

上の写真で、右上のりんごの花にハチがとまっているのがわかりますか?
このハチは、「マメコバチ」といって、「ミツバチ」より小さくて針をもっておらず、りんごの受粉のお手伝いをしてもらうために普及された安全で働き者のハチなのです。
一昔前は、りんごの花が咲き始めたら、りんご農家の家族はもちろん親戚の人たちも総出で、りんごが結実するように、りんごの花ひとつひとつに人工授粉をしたものです。
しかし、今では、訪花昆虫である小さなマメコバチがもたらす大きな受粉能力によって、りんご栽培の省力化が図られました。

そんな、マメコバチを、りんご生産者の皆さんは、それぞれの園地に「マメコバチ専用巣箱」をつくってあげて大切に飼育・管理し、増殖をしているのです!

りんご生産者が、ハチを増殖中

ちょっと巣をのぞいてみましょう。

りんご生産者が、ハチを増殖中

実は、マメコバチたちは、葦でつくられた巣筒の中に卵を産みつけ、そこに幼虫の餌となるりんごの花粉(花粉団子)を運んで、営巣活動をしていたのです。
りんご生産者とマメコバチは共存していたのですね。

さて、弘前市のりんご公園では、5月6日から「弘前りんご花まつり」が開催されています。

りんご生産者が、ハチを増殖中

期間中は、盛りだくさんなイベントや、いろんな種類のりんごの花を観賞できますので、ぜひ、足を運んでみてください。
そんな中、ちょっと視点をかえて、りんごの花から花へと飛び交い、花粉を集める働き者のマメコバチがを見つけてあげてください。
きっと、かわいらしく思っていただけることでしょう。

でも、よく考えると、営巣活動をする働き者のマメコバチは、交尾を終えた雌蜂だけということになります。
では、雄蜂たちはどうしているのでしょうか?
春一番、自らの役目を終えれば天に召されるそうです・・・(涙)

今年も、ますます美味しいりんごができますように!

by ひっさ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅