まるごと青森

twitter facebook rss
二唐刃物鍛造所

津軽伝統工芸家の若手が東京に集結!

イベント・まつり | 2012-09-03 13:43

二唐刃物鍛造所

津軽地方は、津軽塗りやこぎん刺しをはじめ、青森ならではの風土や歴史に根ざした魅力的な伝統工芸が豊富です。
これらを次の世代にも受け継いでいくために、地元の若手工芸家たちが伝統的な技法をしっかりと学びながら、現代のライフスタイルに合わせた作品づくりに日夜精進しています。
このような若手6名のオリジナル作品70点が、9月5日から7日の3日間、東京のビックサイトで開催される「東京インターナショナル・ギフト・ショー2012秋」に出展します。

出展者の1人である吉澤剛さん(26歳)は、二唐刃物鍛造所の8代目にあたります。
二唐刃物鍛造所は、津軽藩より刀作りを命じられてから350年間、日本有数の刀鍛冶の名門として代々伝統を受け継いできました。
剛さんが家業を継いだのは、6代目が亡くなった2年前で、今回のギフト・ショーに出展する作品が記念すべきデビュー作となります。デビュー作は、兄弟子である新岡氏からアドバイスをもらいながら仕上げたそうです。

二唐刃物鍛造所

剛さんのデビュー作は、伝統的な打ち刃物の技法を取り入れたカスタムナイフ。下の写真は、二唐刃物鍛造所の独自の技法で「暗紋」を浮かび上がらせたタイプです。
カスタムナイフですが、日本刀のようなオーラを放っていました。

二唐刃物鍛造所

「暗紋」の他にも、黒、紫、緑、黄緑色の漆塗りが施されたものもあります。
剛さんは、「木工やルアーづくり等の趣味に夢中になっている人に、是非、使ってもらい、良さを知って欲しい」と話していました。

二唐刃物鍛造所

今回の「東京インターナショナル・ギフト・ショー2012秋」には、剛さんの作品のほかにも、津軽塗りのグラスやランプシェード、カトラリー、こぎん刺しのワードロープ、ブナコの花器などが出展されます。

ちなみに、私は、剛さんの「暗紋タイプ」のカスタムナイフを予約しました。一生ものとして、家族で大切に使っていきたいです。
                             by さっちゃん

第74回東京インターナショナル・ギフト・ショー2012秋
日時:2012年9月5日(水)~7日(金)
   5~6日 10:00AM-6:00PM、7日 10:00AM-5:00PM
場所:東京ビッグサイト(全館)
   〒135-0063東京都江東区有明3-11-1
ホームページ:http://www.giftshow.co.jp/tigs/74tigsinvitation/faq.htm
※ギフト・ショーは業者対象の専門見本市で、来場の際に名刺の提示が求められます。
  

(有)二唐刃物鍛造所
住所:青森県弘前市金属町4-1
電話:0172-88-2881
ホームページ:http://www.nigara.jp/com/com.html

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅