まるごと青森

twitter facebook rss
手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫

手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫

観光スポット | 2012-10-03 16:46

涼しくなったので、久しぶりにねぶたの里に行ってきました。
青森駅前のワ・ラッセは新作ねぶたを見る施設で、ねぶたの里はハネトや曳き手体験などねぶたを体験できる施設という違いがありますが、ハネト体験に来たわけではありません。
今年は、いつもよりじっくりねぶたを観察していた私としては、どうしても会いたいねぶたがあったからです。

手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫

が、その前に入口近くのあっぷるはうすでアップルパイを購入。
こちらのアップルパイは、お店のお姉様の手作りで、知人のりんご園(もちろん青森県内)から仕入れたりんごを使い、お店で焼いているものです。
一度に12個しか焼けないので、焼き上がるまでお待ちいただくこともあるとのこと。
もともとリーズナブルなお値段なのに、東北観光博のパスポートを提示すると50円引きになるというお得さ。
焼きたてのアップルパイは、新鮮なリンゴのシンプルな甘さとサクサクッの皮がたまりません。
ベンチに腰掛けガッツリいただいてから、ねぶた会館に向かいます。

私が会いたかったねぶたは、故佐藤伝蔵ねぶた名人の「八ノ太郎と南祖坊」。
昭和58年に制作され、30年近く経ったものなので、墨のにじみや絵の具の退色はありますが、その迫力に、一目見て圧倒されたものでした。

手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫

先日みつけた文献にこの写真が載っていたのを発見して、また、会いたくなってしまったのでした。

手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫

同じ文献には、これもまた見たことがあるねぶたが。

手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫

渋川のせんべいが入っている缶に描かれているねぶたでした。
(このねぶたは、ねぶたの里には展示されていません。)

手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫

素人には一見するとあまり違いがわからないねぶたですが、
よく見ると、構図、色使い、骨の入れ方、書き割り(墨の線)など制作者の特徴や
その時代のトレンドがわかります。
ねぶたの里には、この他にも古いねぶたが展示されています。

手作りアップルパイとねぶた鑑賞で秋を満喫
この馬の形相など、子どもの頃は好きじゃなかったけれど、今見ると楽しいです。

駅前のワ・ラッセに展示されているのは、すべて今年のねぶたですので、二つの施設を見比べてみるのもおもしろいですよ。
by Hana

株式会社 青森自然公園 ねぶたの里 青森市大字横内字八重菊1番地
TEL 017-738-1230  FAX 017-738-4734

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅