まるごと青森

twitter facebook rss
BUNACOスピーカーの音を体感してみませんか?

BUNACOスピーカーの音を体感してみませんか?

特産品・お土産 | 2012-10-10 16:58

BUNACOスピーカーの音を体感してみませんか?

この写真はオブジェ?照明それとも楽器?実はBUNACO(ブナコ)のスピーカーです。

BUNACOは、ブナの木を厚さ1mmのテープ状にスライスし、隙間ができないようにコイル状に巻き上げ、立体に成型する技術で、照明や食器類などに商品化されています。
そのデザイン性の高さから数々のデザイン賞に輝くとともに、北海道洞爺湖サミットの際には、各国首脳のお土産品にトレイが採用、さらには英国の博物館に永久収蔵品とされるなど、世界的に評価が高まっている青森県を代表する工芸品です。

BUNACOスピーカーの音を体感してみませんか?

このBUNACOから昨年10月にデビューしたのがスピーカー「Faggio」(イタリア語でブナのこと)
このスピーカーの特徴は、丸みを帯びた美しい形状。そして、ブナコ特有の微妙な段差を活かすことでスピーカー内部で余計な雑音が取り除かれ、生まれたままの音を再現できたということです。

BUNACOスピーカーの音を体感してみませんか?

弘前市内にあるBUNACOのショールーム「BLESS」内に普段展示されているのは直径30cmのスピーカーですが、今回フラッグシップモデルとして直径40cmのスピーカーが完成したということだったので、お気に入りのジャズのCD(ロンカーターがベースだけを使って演奏したバッハの楽曲)を持参し、特別に拝聴させていただきました。

その音色は私の家や車のスピーカーで聞いているのとは別物で、まるでブナの森の中にいるようなすがすがしく、そして自然にあるがままの音が、スピーカーのどこからともなく聞こえてくるようで、何とも言えない不思議な気持ちになりました。

このFaggioのフラッグシップモデル(直径40cm)の初のお披露目が、10月19日~22日まで弘前市立百石町展示館で開催される「津軽伝統工芸・クラフト展示会」となります。是非お気に入りのCDを持参してスピーカーの魅力を体感してみてはいかがですか?この展示会では、弘前工芸協会会員の津軽塗やこぎん刺し、あけび蔓細工などの作品の展示・販売も行われます。
                           by さっちゃん

BUNACOスピーカーの音を体感してみませんか?

津軽伝統工芸・クラフト展示会
日  時:平成24年10月19日(金)~22日(月)
     10:00~19:00(最終日は17:00まで)
場  所:弘前市立百石町展示館
    弘前市大字百石町3-2 TEL0172-31-7600
お問合せ:青森県中南地域県民局 0172-32-2407
津軽伝統工芸・クラフト展示会に関するホームページ
                  
BUNACOスピーカーホームページ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅