まるごと青森

twitter facebook rss
とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

グルメ | 2012-10-15 17:07

こんにちは。食いしん坊ひっさです。
今回ご紹介したいお店は、食事処とんかつ「しげ作」です。
こちらのお店のとんかつは、お肉の鮮度や揚げ方にこだわっており、揚げたてとんかつは、お肉の断面がうっすらピンク色で柔らかくとってもジューシーで、しかも衣はサクッと香ばしく油っこさが全く感じられない最高の逸品です。
また、ここのカツサンドも絶品で有名です。
しげ作のとんかつとカツサンドの魅力は、以前にまるごとブログで詳しく紹介してありますのでそちらもご覧ください。
http://www.marugotoaomori.jp/blog/2011/06/12359.html

今回は、しげ作の店主 鳴海茂さんが作るスパイシーでボリューム満点な本格派の麻婆豆腐を紹介します。
とんかつ屋さんで麻婆豆腐がメニューにあるとは少し意外に思われるかもしれませんが、実は店主の茂さんはかつて東京の中華料理店で腕を振るっていました。
そんな経験を大事にしたいことから、昭和55年に弘前で「しげ作」の暖簾でお店を構えた当時から、とんかつをメインとしながらも麻婆豆腐もメニューにのせていたそうです。

とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

店内の黒板にはとんかつ以外のメニューが書かれてあり、麻婆豆腐の価格は1,000円。創業当時から現在までずっと同じ価格とのこと。創業当時はかなり高級なメニューであったことでしょう。

店主の茂さんが作る麻婆豆腐にはおいしくなる秘密があります。
麻婆豆腐に入れるお肉は、ひき肉ではなく、ブロックの豚肉からカットしたばかりのロース肉を使います。とんかつ屋さんならではのこだわりですね。

とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐 とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

細かく刻まれたロース肉はニンニクなど一緒に強火で一気に炒めます。美味しくするためのポイントは、麻婆ソースの焼き加減など長年の経験による茂さん流のこだわりがたくさんあります。
また、メインの具である豆腐は、木綿豆腐ではなく絹ごし豆腐を使います。しかも1丁まるごと使うので、食いしん坊ひっさにとってはうれしい限りです。

とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

絹ごし豆腐は柔らかいので、お豆腐の形を壊さないよう麻婆タレと絡ませるためには、プロの技術とセンスが光ります。
大皿に盛られた麻婆豆腐は、1人で食べるにはちょっと多すぎる量です。

とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

しかしスパイシーな辛さと肉汁などのコクのある旨みが食欲をそそるとともに、ソースに絡まった絹ごし豆腐もプルプルと柔らかいのでツルツルッといくらでも食べられます。

私が額から汗にじませながら麻婆豆腐定食を食べ終えようとしたとき、奥さんの美樹さんが「ご飯をもう少しあげるから、麻婆豆腐のお皿にご飯を入れてタレと混ぜて食べてみて。美味しいよ~」と、私にとってはたまらなく嬉しいお言葉。

とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

食いしん坊ひっさは、こんな食べ方がしたかったんですよ!最後のいちばん美味しいところまで根こそぎいただくことができて大満足です。

最後に、麻婆豆腐を注文するときのアドバイスです。
店主の茂さんから「辛さはどのくらいにする?」と聞かれますが、「普通の辛さ」と言うよりは、「ちょっと辛め」とか「かなり辛く」と言ってくれた方が、茂さんは作り甲斐があって嬉しいようです(笑)

<今回のオーダー>
・麻婆豆腐  1,000円
・定食セット  350円(ご飯、みそ汁、小鉢)

おまけ・・・
弘前のソウルフード「イガメンチ」(450円)も絶品!

とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐 とんかつ「しげ作」の本格麻婆豆腐

しげ作流イガメンチの食べ方。イガメンチにしげ作特製唐辛子をたっぷりかけて食べます。
是非、お試しあれ。

by ひっさ

【食事処とんかつ しげ作】
■青森県弘前市桶屋町65
■電  話 0172-32-8955
■営業時間 11:30~14:00、18:00~25:00

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅