まるごと青森

twitter facebook rss
金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

特産品・お土産 | 2012-11-05 17:49

八甲田山も雪帽子をかぶり、冬の足音がヒタヒタと聞こえる季節、
街歩きもそろそろ厳しいかなと思いながらも、五所川原・金木地区へ。

金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

三味線会館の裏手のお菓子屋さんへ向かいます。
キーファルンバウム、松しまの看板が。

金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

お目当ては、斜陽館のレンガ。
リンゴの生キャラメルがサンドされた焼き菓子です。
本物の斜陽館を模したパッケージも素敵。

金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

なぜ和菓子と洋菓子、両方やっているのですかとお聞きしたら、
もともとは和菓子店だけど、息子さんがヨーロッパで修行したパティシエだから
キーファルンバウムの看板も掲げているとのこと。
「ヨーロッパで修行・・・キーファルンバウム・・・青森市にも同名の洋菓子店があるけど」とお聞きしたところ、ここは青森のパティシエのご実家だそうです。なるほど。

和菓子コーナーをのぞくと、奴最中という巨大なお菓子が。

金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

しかも250円と安い!
直径12cmもあり、中は白あん、こしあん、ゴマ、うぐいす(白あんに抹茶)の4色とのこと。
食べてみると、皮はサクッと軽く、アンはしっとりしているけれど甘すぎず、

金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

甘味好きなら12cmも一気にいけるかもしれません。

地元の方は仏壇に供えることが多いそうです。
確かに、仏様も喜びそうです(子どもも喜びそうですが)。

金木地区には、外崎菓子店のバナナボートという「大きい、うまい、安い」の三拍子そろったお菓子がありますが、普段使いのお菓子が高スペックで、太宰の町の奥深さを感じた秋でした。

ところで、小湊では人生初の野生リスに会いましたが、
金木では、「ほっかむりした鳩」に遭遇しました。

金木なら和菓子洋菓子どちらもいけちゃう

鳩のほっかむりも、人生初です。
by Hana

■松しま菓子司
TEL 0173-52-2253
青森県五所川原市金木町朝日山447-3
営業時間 8:00~20:00
定休日 無休

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅