まるごと青森

twitter facebook rss
東京の高校生による手作り”ねぶた祭り”

東京の高校生による手作り”ねぶた祭り”

イベント・まつり | 2012-11-09 17:55

品川駅から京急電車に乗って約15分の雑色駅。
ここ大田区東六郷の「都立六郷工科高校」の文化祭の目玉は、定時制の生徒さん達による「六郷ねぶた祭り」。
今週末の11月10日(土)の運行に備えて、最終準備を行っている六郷工科高校にお邪魔してきました。

東京の高校生による手作り”ねぶた祭り”

校舎に入って、まず驚くのが、入り口にどどーーん!と鎮座しているねぶた!
わお!なぜ東京の下町の高校にねぶた?
なにやら訳がありそう…

というわけで六郷工科高校定時制の高野先生にお話を伺いました。

六郷工科高校は平成15年に開校した比較的新しい高校。
最初の文化祭を行うにあたって、先生方は、生徒達にモノ作りを経験させたいと考えました。
当時、職員の中に五所川原市出身の先生がいたこと、近所に趣味で「ねぶた絵」を画いている方がいたことから、「じゃあ、ねぶたを作ろう!」となったそうです。

しかし、そうは言ったものの経験者がいるわけではありません。
インターネットで弘前ねぷたを検索し、画像を真似て、見よう見まねで扇形のねぶたを作ったのだそうです。
こうして始まった「六郷ねぶた祭り」は話題になり、ニュースにも取り上げられました。

そんなある日、六郷工科高校に、弘前市在住のねぷた絵師である山内和人さんから連絡が入ります。
「もしかして六郷ねぶた祭りの絵は私の絵じゃないですか?」
焦る先生方。
事情を説明すると、山内さんから
「良かったら、ぜひ使って欲しい」とのお言葉が!
いやあ!太っ腹!
以降、山内さんは毎年、東京に来ては、六郷ねぶた祭りに協力してくれるのだそうです。
イイハナシダナ-!

東京の高校生による手作り”ねぶた祭り”

で、今年は、扇ねぶた1台と、近所の水門通り商店街からお願いされたというキャラクターねぶた「すいもんちゃん」の2台を作っています。

六郷工科高校は、普通科と生産工学科の2科体制。
ねぶた絵は普通科が担当し、骨組みは生産工学科が担当します。

今年のねぶた絵はこんな感じ。

東京の高校生による手作り”ねぶた祭り”

生産工学科の皆さんは、骨組みの最終組み立て中。

東京の高校生による手作り”ねぶた祭り” 東京の高校生による手作り”ねぶた祭り”

普通科の皆さんは、視聴覚室でお囃子の練習中。

東京の高校生による手作り”ねぶた祭り” 東京の高校生による手作り”ねぶた祭り”

11月10日(土)の運行には、六郷ねぶたに加えて、葛西工業高校、墨田工業高校のねぶたも参加するのだそうです。
さらに、首都圏青森ねぶた囃子会の皆さんも応援に駆けつけてくれるとか。
今のところ天気予報は晴れ!
お近くの皆さん!ぜひ、一緒に六郷ねぶた祭りを応援しましょー!

《六郷ねぶた祭り》
日時 平成24年11月10日(土)16:00~(小雨決行)
場所 六郷工科高校から水門通り商店街に向けて運行します。
参加団体 首都圏青森ねぶた囃子会、都立葛西工業高校,
    都立墨田工業高校、都立橘高校

都立六郷工科高校
住所 東京都大田区東六郷二丁目18番地2号
    京浜急行線(普通)雑色駅下車徒歩3分
    JR蒲田駅東口よりバス「雑色駅通り」下車徒歩5分
電話 03-3737-6565(代表)

by niok

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅