まるごと青森

twitter facebook rss
藤崎町のアントルメ サトウ

藤崎町のアントルメ サトウ

グルメ | 2012-11-19 18:10

私の実家で、ちょっとしたときの「おもたせ」として登場率の高い
藤崎町のアントルメサトウさんのお菓子。

藤崎町のアントルメ サトウ

いつも購入するのはバタードラ焼きなのですが、
前々から、ショーウィンドウにずらりと並ぶ
カラフルでクリームたっぷりのシフォンケーキがとっても気になっていて、
先日、食欲の秋を理由に、ついに大人買いをしてきました。

一時、ちまたで流行した定番のバタードラ焼きは、
流行前のかなり早い時期から販売していて、
人気商品の白餡が入った苺大福も、黒餡が定番で
このような商品がなかった頃から販売するなど、
流行の先端を走ってきたお店でもあります。
苺大福、小粒で食べやすいんです。

藤崎町のアントルメ サトウ

創業は大正13年と古く、青森県内で初めて現代の名工に認定されたお店でもあります。
2代目が和中心、3代目が洋中心、そして四代目が和・洋に取り組んでいます。
「アントルメ」はフランス語で、カットしないまるごとのお菓子のこと。
当初は和菓子中心の「佐藤菓子舗」だったのですが、3代目が洋菓子にも積極的に取組み、今から25年ほど前に弘前市に洋菓子専門店「アントルメサトウ」をオープンしたのをきっかけに、藤崎町のお店にも「アントルメサトウ」の看板を掲げるようになりました。(弘前市のお店は現在ありません。)
四代目から始まったシフォンケーキは全8種類!
↓ハーレー好きなイケメンの四代目(^^)

藤崎町のアントルメ サトウ 藤崎町のアントルメ サトウ

どれも大きくカットされていて、生クリームもたっぷり。
何といっても、見た目が可愛いい♪もし自分が詰め合わせでいただいたら、
むちゃくちゃテンション上がること間違いなしです。
ストロベリー、抹茶、紅茶、キャラメル、ブルーベリー、ラズベリー、カフェチョコ、生チョコ。
今回はこのうち3種類をいただいたのですが、
生クリーム多めで、時間がたつと、ずっしりのった生クリームが
生地にしみ込んでくるほど。でも、甘すぎないことと、
軽いシフォンケーキなので、食後でも軽く完食できました☆

藤崎町のアントルメ サトウ

イートイン・スペースもあり、夏には10種類以上あるシェイクやカキ氷を求めて子供たちが集うそう。
常に新しいことに取り組みながらも、地元にしっかりと根付いた、素敵なスイーツ屋さん。
おもたせにシフォンケーキ追加、決定です。

by o-rin

【店舗情報】
住所:青森県藤崎町大字藤崎字村岡27
TEL:0172-75-2217 
営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ヒバブナコ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜鉄道津軽毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪りんご三内丸山遺跡青森太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトークねぶた・ねぷた奥入瀬渓流白神山地温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆果物山菜・きのこ絶景自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスカフェ・レストラン米・パン・穀物ウニ津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理お酒寿司津軽海峡缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんラーメン野菜居酒屋・バーカレーカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理スイーツ魚介種差海岸アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOまち歩き肉・卵十和田湖お土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし伝統工芸田んぼアートマグロ蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アート郷土料理三味線ご当地新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館ツアー歴史・文化紅葉ライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然自然アートランチ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀グルメ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り食堂弘前八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅