まるごと青森

twitter facebook rss
りんごの花びらまで赤く染まる「赤~いりんごの並木道」

りんごの花びらまで赤く染まる「赤~いりんごの並木道」

特産品・お土産 | 2013-03-20 15:46

青森県で栽培されているりんごは、約50種類もあるって知ってましたか。
その中でも、青森県五所川原市には、世界的にも極めて珍しいりんごがあります。
その名も、『御所川原(ごしょがわら)』。五所川原市だけで栽培されている品種です。

キャッチフレーズは、『赤〜いりんご』。
りんごは『赤くて当然でしょ!』って思われるかもしれませんが、赤〜いりんご『御所川原』は、りんごの皮が赤いだけでなく、なんと果肉まで赤いのです。
 りんごの花びらまで赤く染まる「赤~いりんごの並木道」

皮をむいても赤い色が果肉の奥まで染み込んでいます。

また5月上旬に咲くりんごの花ですが、普通のりんごは真っ白で可憐な花を咲かせますが、この『御所川原』は、りんごの花びらも赤く染まっています。
 りんごの花びらまで赤く染まる「赤~いりんごの並木道」

しかし、不思議です。何故なのか?

ちょっとだけ専門的になりますが、りんごの皮には、赤色の色素の「アントシアニン」、緑色の色素の「クロロフィル」、橙黄色の色素の「カロチノイド」があって、それら3種類のバランスで、りんごの色合いが変わるのです。
たとえば、『ふじ』などの赤いりんごは、アントシアニンの量の割合が多く、『王林』などの黄色いりんごは、カロチノイドの量の割合が多いんです。

赤〜いりんご『御所川原』は、アントシアニンが普通のりんごよりも約3~4倍も多く、皮だけではなく、果肉や花びらまでにも存在してるから、赤く染まるのです。

さて、赤〜いりんご『御所川原』は、9月下旬に収穫されます。
 りんごの花びらまで赤く染まる「赤~いりんごの並木道」

小玉で、丸かじりできそうな林檎ですが、酸味が強く果肉も硬いので、生で食べるのにはちょっと向いてません。しかし、果肉や果汁が赤いという珍しい特性があるので、五所川原市ではジュースやジャム、さらにはワインなど、様々な色鮮やかな加工品に活用されています。
五所川原市には、赤〜いりんごのお土産がたくさん揃っていますよ。

また、五所川原市の一ッ谷という地区に、「赤〜いりんごの並木道」があります。
 りんごの花びらまで赤く染まる「赤~いりんごの並木道」

通りの水路沿い1.1キロに約400本の木が植えられていて、五所川原市の観光名所となっています。今後も少しずつ増やしていくそうです。

りんごの花咲く5月上旬、「赤〜いりんごの並木道」を歩いてみませんか?
赤は何かと気分を高揚させてくれる色なので、デートの散歩道などにぴったりかも。

ん?自分らしくないコメントだったかな。

さくらも綺麗ですが、りんごの花もとってもかわいいですよ。5月の開花が楽しみです。

by ひっさ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅