まるごと青森

twitter facebook rss
芋っぽいいも菓子

芋っぽいいも菓子

特産品・お土産 | 2013-06-17 20:52

野辺地町に『いも菓子』という和菓子があるのはご存知でしょうか?
その名の通り、いも…サツマイモを象ったお菓子です。
よく地元ではお供えやお茶菓子としてとても馴染み深いお菓子です。
芋っぽいいも菓子

非常に焼き芋っぽい見た目です。
こちらは野辺地町の和洋菓子屋さん、別当庵・佐藤製菓さんのものです。
このほかにも、町内では洋菓子店や和菓子屋さんでいも菓子が作られております。

芋っぽいいも菓子

割ってみました。そして食べちゃいます。
うん、非常にいもあんです。
ほろほろと崩れるいもあんが口の中でとける感じです。
口の中でまったり餡の甘味が広まります…!すごく単純な感想ですが…とてもおいしい!
濃いめに入れたお茶や、意外と紅茶なんかとあうかもしれない甘いお味です。

が、実はこのいも菓子…名前や見た目とは反し…ここでピンとくる方もいるかもしれませんが…
芋は全く入っていないのです。

いも菓子なのに芋が入ってないとは…??
以前別当庵の5代目・佐藤さんとお話する機会があったのですが、なんでもこちらのお菓子は少なくと
も80年以上前からお店に並んでいるそうです。
「野辺地はサツマイモがとれない地域でした。なかなか食べられない貴重な芋を、お菓子で再現できな
いものかと3代目が考案したものがこのサツマイモ風味の「いも菓子」だった」とのこと。

芋っぽいいも菓子

堂々たる『いもがし』の文字。
お芋要素が全くないのに、芋の味と食感がするあたり、やはりいも菓子の名前は伊達ではないです。
かくいう私もつい最近までお芋の餡だと思ってました…お恥ずかしい!
ちなみに、いも菓子を購入なさる方の5割ぐらいは「お芋入りの芋餡」だと思っているそうです。
確かに、それぐらいのお芋クオリティです!

しかし芋が入っていないのにいも菓子とはいかに…。
まるであの方を思い出します。そう、バナナ最中です。
こちらもやはり根底は「ないから作った」

「パンがないのならお菓子を食べればいいじゃない!」ならぬ「なければ作っちゃえばいいじゃない!」
という心意気。
ないと悲観しないであるものから作り出す菓子職人の心意気にとても感銘を受けます。
こんなに美味しい青森のお菓子を作ってくれてありがとう、お菓子職人さん!
そして、そんな青森のバナナ最中先輩をはじめとした「なんちゃってお菓子」シリーズを集めてみるの
も面白いかもしれないですね!(ただ単に食べ比べしたい魂胆が丸見え)

【佐藤製菓(別当庵)】
上北郡野辺地町本町8-1
電話 TEL:0175-64-2616
営業時間 月~土/AM8:00~PM8:00
       日 曜/AM9:00~PM6:00
定休日 第1・第3 日曜日(行事のある時は営業)

by ざき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅