まるごと青森

「最後のイタコ」発売です

「最後のイタコ」発売です

青森の人 | 2013-07-19 13:01

東京の夏・・・。青森の冬が大好きな私にとって、早く過ぎ去ってほしい季節です。
間もなく青森では夏祭りの季節・・・、気温も暑く、心も熱い! という時期がやってきますね。

さて、今週末から、日本三大霊場の恐山で大祭が行われます。

「最後のイタコ」発売です

恐山といえば、いつも「口寄せ」で有名なイタコさんがいる、と誤解されがちですが、
イタコさんが恐山にいるのは、今はこの大祭の時くらいでしょうか。

そのイタコさんですが、昔は多くのイタコさんがいましたが、
現在は、イタコさん自身が「絶滅危惧種」という表現を用いるくらい、
数が減っているそうです。

この「絶滅危惧種」という表現を用いたイタコさん、
「最後のイタコ」と呼ばれる松田広子さんです。

「最後のイタコ」発売です
(撮影 佐々木信行さん)

松田さんは、ずっと師弟関係で受け継がれてきた南部八戸イタコの6世代目に当たり、
年齢的に最も若いこともあって「最後のイタコ」と呼ばれています。

松田さんがイタコになろうとしたのは、小学生のころ。
小さいころはあまり身体が丈夫でなく、ちょくちょくイタコの方に相談していたこともあり、
イタコという存在が大変身近なものだったようです。

高校生のころにはイタコになるための修行を始め、
19歳で師匠から一人前のイタコとして認めてもらった松田さん。
そんな松田さんの、これまでの半生とイタコの世界を綴った本が出版されます。
タイトルはその名もズバリ、「最後のイタコ」です。

「最後のイタコ」発売です

「最後のイタコ」というタイトル・・・。これは、松田さん自身があえてつけたものです。
確かに現在は「最後のイタコ」かも知れませんが、
この本でイタコのことをもっとよく知ってもらい、
自分自身が最後とならないよう努めたい、という強い思いを表しているのです。

この本では、松田さんがイタコになるまでの話や、
口寄せやオシラさま遊ばせなどのイタコの技に関することはもちろん、
イタコという職業では、クレジットカードを作れないことや、
宗教法人として登録できる(!)ことなど、
思わず「へ~」と口ずさんでしまうイタコの知られざる世界も語られています。

間もなく書店に並ぶ「最後のイタコ」、ぜひ手にとってみてください。
とっても読みやすい内容だったので、私は時間を忘れて読みふけってしまいました。

by 夏バテ寸前のハッピーハンド

<最後のイタコ>
7月22日 扶桑社から発売です。
定価 1,575円(税込み)
インターネットでも購入できます。

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメ

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ