まるごと青森

twitter facebook rss
青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

グルメ 特産品・お土産 | 2013-09-11 15:46

先月末。青森県の豊富で品質の高い水産物をPRしようと、青森の「おさかな」にまつわるエピソードやうんちくをとりまとめた「青森おさかな自慢」が発行されました。

青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

時を同じくして、「青森おさかな自慢」にも掲載されている「ヒメマス」の資源管理を行っている十和田湖増殖漁業協同組合の小林義美組合長さんが、「十和田湖ひめますの認知度を高め、十和田湖の魅力を発信していきたい。」という熱い思いで、『十和田湖ひめます』の地域団体商標登録を特許庁に出願することを発表しました。

『十和田湖ひめます』

その魅力とはいったいなんなのか・・・。

青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

(1)十和田湖の冷たくてきれいな水で育ったヒメマスは、身が引き締まり、臭みがなく、淡水魚でありながら脂がのり、上品な食味を持つ。
ヒメマスを食べ続けているとサケなどが臭く感じるようになったとの体験談も多くあるそうです。

(2)海で育つサケやマスは一般的に寄生虫の危険性があるので生食の場合は一度冷凍するが、ヒメマスは海に出ることなく湖に生息していることから、冷凍することなく生の刺身が食べられる。
十和田湖のヒメマスは漁業者が漁獲直後に内臓を取り除いて、朝早く、漁協集荷場に出荷しているので、鮮度は抜群だそうです。

(3)身はきれいなピンク色で独特の甘みがある。高タンパク、低脂肪で、ビタミンD等のビタミン類を含んでいる。
身のピンク色の元であるアスタキサンチンやアンセリンは、若返りや美肌効果も期待される成分なんだそうです。

(4)料理のバリエーションが豊富。
元々紅鮭なので、お刺身や塩焼きのほかにもカルパッチョやムニエルなどフランス料理でも提供されます。
他にも地元十和田湖の食堂や旅館、民宿では、甘露煮やフライ、づけなどでも食べられます。

青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

(写真は宇樽部にある十和田家食堂のお刺身)

青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

(写真は子ノ口にあるみずうみ亭のひめます定食)

青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

(写真は十和田市内にあるブラスリーMASUDAのヒメマス・アラ・シュプリーズ)

(5)産卵期になると放流したふ化場の前に群れをなして戻ってくる。
稚魚を放流して3~4年すると成熟し、産卵のために放流されたふ化場前の岸に戻ってくるだなんて可愛くないですか?
そして人の手によってふ化をさせ稚魚を育ててまた放流する。まさに共生そのものですね。

ヒメマスは成熟すると体側後方が赤く変化し婚姻色となるそうです。

青森おさかな自慢「十和田湖ひめます」

成熟したヒメマスの美味しい時期は10月~11月だそうですが、そういえば一昨日、十和田湖畔の紅葉の見ごろの始まりが「10月18日ごろ」と発表されましたね(ウェザーニューズ」)。

赤く染まる時期がちょうど重なるのも「十和田湖ひめます」の魅力ひとつですね!

by きむにぃ

<十和田湖ひめます提供店>
あおもり食のエリア「十和田湖産ひめます料理」を参考にしてください。

<ブラスリーMASUDA>
住所:十和田市東二十二番町12-27
電話:0176-25-1177
営業時間:AM11:30~PM2:00,PM6:00~PM8:30(月曜日定休)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅