まるごと青森

twitter facebook rss
東北の手仕事を伝える「ゆずりは」。

東北の手仕事を伝える「ゆずりは」。

特産品・お土産 | 2013-10-11 13:22

「東北の手仕事には、知恵と技、そして生きる力が込められています。」

十和田湖畔休屋で東北の手仕事を今の暮らしに伝え残したいと、平成元年に「暮らしのクラフトゆずりは」を始めて今年で25年。
店主の田中陽子さんの想いは当時から何一つ変わらず、作り手と使い手(お客様)の橋渡し役として、作り手の魂を伝え続けています。

東北の手仕事を伝える「ゆずりは」。

木の柱や梁、棚、テーブルで装飾された店内は温かさに溢れ、その中で所狭しと東北の手仕事が数多く並べられていました。

東北の手仕事を伝える「ゆずりは」。

作り手を一人一人訪ね思いを聞き、その思いを一つ一つ丁寧に使い手(お客様)に伝える役目。
店内はその役目を果たすようにディスプレイされています。

東北の手仕事を伝える「ゆずりは」。 東北の手仕事を伝える「ゆずりは」。

冒頭の文章は店内に展示されてあるパネル「東北の手仕事」に書かれてある一文ですが、このパネルにはこのようなことも書かれてありました。

「厳しい気候風土のもと、自然の恵みも災いも受け入れてモノは祈るように作られてきました。」

店主の田中さんは東北の手仕事から”恵まれない条件の中で生み出される知恵と生きる力の尊さ”を教えられたといいます。

先日訪れた南部裂織保存会でも同じ話を聞いたのを思い出しました。

「東北の手仕事」

色や形、デザインも大事ですが、知恵と技、生きる力が込めれた「東北だからこその手仕事」を、ぜひ手に取り、そして使ってみてはいかがでしょうか。

暮らしのクラフトゆずりは
 〒018-5501 十和田市十和田湖畔休屋486
 電話番号 0176-75-2290
 営業時間 9:00~17:00(11月中旬まで無休)

<ゆずりは東京展 布~ラオスと東北~のご案内>
 期  間 2013年10月02日(水) ~ 10月20日(日)
 場  所 蔦サロン 〒107-0062 東京都港区南青山5-11-20
 時  間 10:00~18:00
 お問合せ TEL 03-3409-8645(会場)
 アクセス 地下鉄 表参道駅B3出口 徒歩5分

by きむにぃ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅