まるごと青森

twitter facebook rss
極上のレストラン列車

極上のレストラン列車

グルメ | 2013-11-11 15:09

極上のレストラン列車

本日は極上の列車旅をご紹介します。
JR東日本が運行する「TOHOKU EMOTHION」は、八戸駅から岩手県の久慈駅まで種差海岸等の美しい海沿いを走りながら、極上の食事を楽しめるレストラン鉄道です。

極上のレストラン列車

列車まるごとデザインが統一されています。
アガサクリスティーの「オリエント急行殺人事件」の車両を思わせます。

極上のレストラン列車

テーブル席では車窓からの種差海岸等の美しい景色を眺めながら、フレンチのコースメニューを楽しめます。

極上のレストラン列車

ボックス席は、まるでハリーポッターのホグワーツ特急を思わせる空間です。

極上のレストラン列車

オープンキッチンの車両があり、ここで東北の食材をふんだんに用いたフレンチが一品一品調理され、東北の食器に盛りつけられます。

極上のレストラン列車

こちらは前菜のアソート「フレッシュトマトと自家製セミドライトマト リコッタチーズのムース添え」。メニューからしてただ者ではありません。
料理はこの他、アミューズとメインなどが順次出されます。

極上のレストラン列車

こちらはデザート(プティフール)
福島の会津塗BITOWAのボックスに、これも可愛らしいデザートが詰め合わせされています。

極上のレストラン列車

テーブル席の車両も楽しそうです。まるで自分が近代ヨーロッパの上流階級になったかのような、ムフフと幸せな気分に浸れます。

極上のレストラン列車

そして、「じぇじぇじぇ!」
久慈駅に到着です。
気分は一気に、紳士淑女からあまちゃんへ♪
ここでは帰りの列車まで、1時間程度久慈の町を散策できます。

極上のレストラン列車

帰りの久慈駅から八戸駅では、デザートがこれでもか!というほど出されます。
まずは、メインのデザートプレート。オープンキッチンに甘い香りが漂います。

極上のレストラン列車

そして、デザートブッフェ。本当にこれでもか!というほど美味しそうなデザートがズラッと並びます。ただ、こちらはもっと食べたい人だけ。無理して食べなくてもいいのです・・・だけどほとんどの人は食べず(体験せず)にはいられません。

極上のレストラン列車

人気車両のためほぼ満席とは思いますが、キャンセルもあります。興味のある方は、ぜひ今からでも問い合わせてみてください。

(by kogao)

問い合わせ先
びゅう予約センター03-3843-2001

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅