まるごと青森

twitter facebook rss
89歳の店主が打つ「そば処藤万」

89歳の店主が打つ「そば処藤万」

グルメ | 2014-04-18 20:20

まだ雪残る釜臥山のふもと、むつ市に行ってきました。
むつ市に来ると高い確率で食べに行くのが「そば処 藤万」。
89歳の店主が打つ「そば処藤万」

89歳の店主が打つ「そば処藤万」

手打ちそば、うどんのお店ですが、実はここの支那そばの大ファンだったんです。
・・・だったんです。
そう、今はもうやってないんです。
昔ながらのシンプルなラーメンが好きな私のベスト3に入るラーメンでした。

店主の太田万次郎さん(89歳)曰く、もともと支那そばは子供用に出していたそうで、家族連れで来た時にそばやうどんを食べない子供が多かったので支那そばを出すようになったんだそうです。
しかし今は子供もほとんど来なくなり、支那そばを注文するお客さんも少なくなったのでやめているんだとか。

やめている・・・。
「やめた」じゃない?

店主の太田さんに”支那そばの復活”について聞いてみたところ、「復活を望む声はある。まだまだ体が元気だからまたチャレンジしたい。」と力強く話してくれました。
手打ちの麺、煮干しダシのあっさりした昔ながらの支那そばをまた食べられる日も近いかもしれませんね。

さて、支那そばの話ばかりをしてきましたが、ここはそば処なのでもちろんそばもうどんも美味しいです。

そばは下北の東通村産そば粉を使用した二八蕎麦で、角がキリリと立っていて食感も喉ごしもよいそばです。
5種類と7種類の薬味を楽しめる下北そば(5段と7段)がオススメです。
(写真はかき揚げざるそばですが・・・)
89歳の店主が打つ「そば処藤万」

89歳の店主が打つ「そば処藤万」

他にもカレーうどんがオススメです。
普通の麺のカレーうどんは食べたことがあるんですが、なんと麺の幅が3センチぐらいある「帯うどん」なるものを新しく開発したそうで、これがカレーうどんに最適なんだそうです。
とっても気になりますね~。

店内にはSLのポスターや鉄道関係のポスターが何枚も目に付くんですが、なんと店主の太田さんは元国鉄職員だったそうです。
50歳の時に脱サラをして浅草にある「寺方蕎麦長浦」で修業。地元むつ市で開業して37年。
89歳の現在も力強くそば・うどんを打ち続ける太田さんの丹精込めた味をぜひご賞味ください。
89歳の店主が打つ「そば処藤万」

by きむにぃ

<そば処 藤万>
住所:むつ市中央2-17-12
電話:0175-29-2916
営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00
定休日:第1、2、3月曜日

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅