まるごと青森

twitter facebook rss
あおもりの逸品お取り寄せ「活〆(いけじめ)海峡サーモン」

あおもりの逸品お取り寄せ「活〆(いけじめ)海峡サーモン」

特産品・お土産 | 2014-06-25 20:58

養殖には不向きな津軽海峡の荒波での挑戦から20余年。
今や青森ブランドを代表する逸品へと成長した「海峡サーモン」は今が旬です!

荒波で鍛えられた海峡サーモンは身の締まりが良く余分な脂がなくなるので、飽きのこない上品な味わいが特徴で、特に5~7月の旬の時期はプリプリとした歯ごたえと濃厚な身の旨味が味わえます。
その味わいは一度食べると忘れられない美味しさです!
あおもりの逸品お取り寄せ「活〆(いけじめ)海峡サーモン」

あおもりの逸品お取り寄せ「活〆(いけじめ)海峡サーモン」

そのヒミツは、水揚げ直後に魚の動きを止めて血抜きをして、すぐに氷水に入れる活〆脱血処理を施しているので生臭さが抑えられて、新鮮さと高品質を保ったまま食卓へと届けることができるんだそうです。

そして何よりいちばんの美味しさのヒミツは、生産者の味に対する真剣で誠実な「想い」と、育成から加工、梱包・発送まですべてを一貫して行う「こだわり」です。
あおもりの逸品お取り寄せ「活〆(いけじめ)海峡サーモン」
あおもりの逸品お取り寄せ「活〆(いけじめ)海峡サーモン」

海峡サーモンは、淡水で2年間育てたニジマスの幼魚の中からを大きい物だけを選び、本州北端に位置するむつ市大畑町の津軽海峡外海のイケスで約8か月間育てたものを海峡サーモンと言います。
 
「一匹一匹質の良いものを育て、自分の目でみて納得できるものを食べてもらいたい。」

「自分で育て、それをお客様へ届ける。そのためにパンフレットも作成する。その工程すべてが好きなんです。」

「海峡サーモンは大畑町全体で作り上げてきた。だから恩返しをし続けたい。」

「お客様が『美味しい』というとサーモンも喜ぶ。美味しくないとお客様にもサーモンにも失礼でしょ(笑)」

生産者が自信を持った鮮度でお届けする海峡サーモンをぜひ味わってみてください!

5月~7月期間限定の旬の活〆鮮魚は一本丸ごとから三枚下ろしでの注文が可能です。
また、お刺身、切身セットには西京味噌漬、吟醸粕漬などの切り身加工ならではの様々な味が楽しめます。
あおもりの逸品お取り寄せ「活〆(いけじめ)海峡サーモン」

<問い合わせ先>
北彩漁業生産組合
住所:むつ市大畑町湊村165
電話:0175-34-5374

by きむにぃ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

りんご三内丸山遺跡青森太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトークねぶた・ねぷた奥入瀬渓流白神山地温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆果物山菜・きのこ絶景自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスカフェ・レストラン米・パン・穀物ウニ津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理お酒寿司津軽海峡缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんラーメン野菜居酒屋・バーカレーカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理スイーツ魚介種差海岸アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOまち歩き肉・卵十和田湖お土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし伝統工芸田んぼアートマグロ蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アート郷土料理三味線ご当地新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館ツアー歴史・文化紅葉ライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然自然アートランチ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀グルメ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り食堂弘前八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳ヒバブナコ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜鉄道津軽毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅