まるごと青森

twitter facebook rss
郷土館特別展「発酵食品パワー」は解説書もすばらしい!

郷土館特別展「発酵食品パワー」は解説書もすばらしい!

イベント・まつり | 2014-09-10 18:20

森県立郷土館で開催中の特別展「発酵食品パワー~ミクロのシェフとあおもり食文化」。

郷土館特別展「発酵食品パワー」は解説書もすばらしい!

郷土館で発酵食品?当初は青森の地酒展示企画だったのが、発酵食品全体の企画になったのだそうです。
湿度の高い日本ではそもそもカビや酵母などの微生物が発生しやすく、私たちが日常的に口にする食品の多くは発酵食品なのだそう。
言われてみれば、納豆、味噌、醤油などはもちろん、お酒、パン、漬物なども発酵食品。
意外なものでは藍染めのもととなる「すくも」も発酵させることによって染料になるのだそうです。

郷土館特別展「発酵食品パワー」は解説書もすばらしい!

発酵食品の代表格、納豆。
郷土館の入り口をくぐると、納豆のパッケージが一面に展示されています。
青森の食卓に欠かせない「かくた武田」と「太子食品」が納豆の先駆者として紹介されています。

郷土館特別展「発酵食品パワー」は解説書もすばらしい!

みそ玉。
南部地方では、味噌を「みそ玉方式」で作ることが多かったようです。
蒸して潰した大豆を玉状にして、萱葺き屋根の軒下に吊し、空気中に漂う麹菌の力だけで発酵させます。
因みに、みそ玉を知らない津軽人は、みそ玉を見て、蜂の巣と見間違えたとか。

郷土館特別展「発酵食品パワー」は解説書もすばらしい!

これは現存する日本最古の飲料自動販売機。
明治22年以降に製造されたもので岩手県二戸市に保管されていたそうです。
5銭銅貨を入れると1合分のお酒が蛇口から出てくる仕組みになっていますが、あまり利用されないまま蔵にしまわれていたようです。ふむふむ。

郷土館特別展「発酵食品パワー」は解説書もすばらしい!

すばらしいのがこの展示会の解説書。
青森ゆかりの発酵食品の歴史、技術、文化を、貴重な資料と写真入りで丁寧に解説された全108ページ。これが500円!
郷土館に行かれた方はぜひ購入をオススメします!

「発酵食品パワー~ミクロのシェフとあおもり食文化」
【会期】9月3日(水)~10月19日(日)
【時間】午前9時~午後6時
【場所】青森県立郷土館 特別展示室(大ホール)
【料金】一般500円 高校・大学生240円
    ※中学生以下は無料。障がいのある方は免除。
     上記の金額で常設展も観覧できます。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅