まるごと青森

twitter facebook rss
干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

体験 | 2014-12-10 11:20

干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

冬の時期、昔は青森県の各地で保存食作りの光景が見られました。
特に盛んだったのが県南地域で、民家の軒下にさまざまな食べ物が干されていましたが、現在では見かけることが少なくなりました。
そんな中、八戸市の旧南郷村にある山の楽校では今もその光景を見ることができます。

干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

山の楽校は、100年の歴史を持った増田小中学校が児童の減少により平成14年の閉校した後、地元の伝統を残し伝える楽しい学校として、地元の人達によって活用されています。先生は地元の人達、おばあちゃんおじいちゃん達が昔ながらの智恵を伝えています。

干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

学校の渡り廊下の天井から干されているのは渋柿。取れたては渋くて食べられませんが、干すことにより渋味が消え、約一ヶ月後には甘くなります。まさに保存食のための果物。

干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

こちらはだいこんの葉、干し菜。
冬の日差しの中、渡り廊下の天井と柱の間一面に吊され、天日干しされています。
こちらも干されることにより旨味がギュっと凝縮され、一冬食べられる保存食となります。

干す!干す!りんごも干す!南郷の保存食作り

そして、干しリンゴ。芯を抜いて厚めの輪切りに切ったりんごが干されています。1~2ヶ月間干すことで、常温保存では6月頃まで、冷凍保存すると夏でも食べられます。
「スナック菓子の代わりに添加物のないサクサクしたりんごを子供達に食べてもらいたい」とのおばあちゃん達の優しい思いが込められています。

この風景は12月中は見ることができます。
古きよき校舎と柿やりんごが干されている懐かしい光景が残る、南郷「山の楽校」へ遊びに来ませんか?
(kogao)

<山の楽校>
住所  青森県八戸市南郷区大字島守字北の畑6-2
電話  0178-82-2222
開校時間  8:30~16:30
休校日  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
参考  http://navi.hachinohe-cb.jp/nangotourism/plan/special/detail/yamanogakko

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅