まるごと青森

twitter facebook rss
津軽でいただく最高の御馳走「津軽あかつきの会」

津軽でいただく最高の御馳走「津軽あかつきの会」

グルメ | 2015-07-22 19:21

津軽でいただく最高の御馳走「津軽あかつきの会」

津軽地方の正月料理、春の山菜料理、田植え料理、お盆料理、秋のきのこ料理など、訪れる度に、四季折々の伝承料理を提供してくれるのが、弘前市石川地区の農家のお母さんが中心になって活動している「津軽あかつきの会」。会員は、30代から80代の幅広い世代の女性30名ほど。

会員の畑でとれた野菜をはじめ、地元の山菜やきのこ、数日前から丁寧に戻した塩蔵品や乾燥品など。一品一品テマヒマかけて作り上げるの伝承料理のレパートリーは140種類以上。
平成18年(2006年)「津軽の伝承料理」というタイトルで冊子も発行するなど、まさに、津軽地方の伝承料理の生きたアーカイブです。
津軽でいただく最高の御馳走「津軽あかつきの会」

<夏の伝承料理の一例>
(写真)右からミズ(ウワバミソウ)の根(コブ)のたたき、茄子の赤シソ巻き、ミズの水物、ニシンの飯寿司
津軽でいただく最高の御馳走「津軽あかつきの会」

「津軽あかつきの会」が提供する料理は、化学調味料などは一切使わずに、昔ながらの味を再現することに徹しています。工藤会長によると「化学調味料を使わなくても、土づくりをちゃんとしていれば、とれたての野菜からうまみがでる。例えば、カブとキクイモは、アクを出し合って美味しい。きのこ鍋もきのこから良いダシが出る」とのことです。素晴らしい取組です。

料理が美味しいのはもちろん、まるで実家に帰ったかのような暖かさと、安らぎを感じるホスピタリティーの高さも定評です。
津軽でいただく最高の御馳走「津軽あかつきの会」

料金は、おかずが7~8品、ご飯、味噌汁付(お膳入り)で1人1,500円
自宅から歩いて2~3分のところに、弘南鉄道の津軽石川駅があるので、目の前に広がる里山や田園風景、天気の良い日には岩木山も美しく見えるロケーションを楽しみながら電車で訪問するのもオススメです。  
                 
                             byさっちゃん

津軽あかつきの会連絡先(工藤会長)
 住所 弘前市石川家岸44-13
 電話 090-5186-2738

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅