まるごと青森

twitter facebook rss
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

ゆったり古民家とずっしりあんぱん

グルメ | 2015-08-26 20:43

みなさんこんにちは!最近の青森県内は秋の気配が感じられる気候ですね。
今回は夏の疲れを癒やしてくれそうな古民家茶屋「きたむら茶屋」と、極上のあんぱんをご紹介したいと思います。

「きたむら茶屋&殿さまあんぱん」は南部町、旧福地村にあります。赤い幕と手描きの看板が目印です。こちらのお店ではお茶屋さんとパン屋さんが同居しています。
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

古民家を改装したというお店の中はまさに「昭和」の雰囲気。
使い込まれた箪笥やブラウン管テレビ、黒電話など懐かしい生活用品がそこかしこに置かれています。生活感のある畳の上には、夏用のござがピンで留めてあったりして、なんだかおばあちゃんの家に遊びに来たような安心感があります。
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

レコードからは蘇州夜曲が流れ、昭和の時代にタイムスリップしたかのよう。
開け放たれた窓からは、心地よい風が吹き込んできます。
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

ここのメニューは、南部地方で昔から食べられてきた料理や、懐かしさを感じる喫茶メニューを中心に取りそろえているそうです。「鶏にぼしそば」は煮干しダシを使った優しいおそばで、味のしみた鶏肉との相性が抜群です。
「きたむら茶屋特製甘こうじ」はお砂糖が入っていないことが信じられないくらい甘くて、暑さで疲れた心と体がゆったりとほぐれていくような一品。
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

そして、極上の「殿さまあんぱん」。これなくして「きたむら茶屋」は語れません。
もっちりふわふわの皮と、たっぷりと詰められた重厚なあんこがたまりません。
今回いただいたのは「冷やしあんぱん」。添えられた甘さ控えめのホイップと一緒にいただきます。
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

おなかの許す限り、ずーっとこれを食べていたい。冷やしあんぱんとアイスコーヒーの永久機関になりたい。もう一生デブでいい…。そんな気持ちになりました。ぜひ皆さまにも召し上がっていただきたいです。

きたむら茶屋の中では、近隣地域で採れた新鮮な野菜や、金盥に入ったラムネなども売られています。店内のディスプレイは一見すると無造作ですが、なんだかおしゃれ。そして無性に懐かしい気持ちになります。
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

「きたむら茶屋」は、パンを買いにちょこっと寄るだけでもいいし、お昼寝も大歓迎なのだそうです。確かに、店内のお気に入りスペースを見つけて、文庫本でも持ち込んで、ゆったりと寝てしまいたくなるような安心感があります。
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

南部町にお越しの際は、ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
ゆったり古民家とずっしりあんぱん

きたむら茶屋&殿さまあんぱん
住 所:青森県三戸郡南部町福田字間ノ原43
電 話:0178-20-9115
時 間:11:30~16:00
定休日:毎週水曜日
<メニュー(一部)>
殿さまあんぱん:1個180円、10個1700円
殿さまクルミパン:1個90円
殿さまレーズンパン:1個90円
鶏にぼしそば:600円
きたむら茶屋特製甘こうじ:200円
Facebook:https://www.facebook.com/chayakitamura?fref=ts

(by霜月)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅