まるごと青森

twitter facebook rss
大間町にオープンした小いさな函館カフェ。

大間町にオープンした小いさな函館カフェ。

グルメ | 2015-09-04 20:54

日本の暦の上で最上の吉日と言われている天赦日の7月17日(※天赦日は毎年変わります)。
マグロで有名な本州最北端の大間町に1軒のカフェ「巴小cafe(はこカフェ)」がオープンしました。

“小いさな函館”をイメージして付けられた店名は、小さいころから函館が大好きな店主のkaoriさん(大間町出身)の「大間の中の小さな函館になりたい」という思いで付けたんだそうです。
大間町にオープンした小いさな函館カフェ。

ちなみに「巴」は、函館湾の形が「巴」の形に似ていることから「巴湾」とも呼ばれていて、函館を表す一字となっているそうです。

カフェの修行は函館の人気店「cafe&deli MARUSEN(マルセン)」で修行し、コーヒー豆も函館の「select coffee shop peacepiece(ピースピース)」で焙煎した豆を仕入れる徹底ぶり。

店舗は自宅の1階を改装。
町中の開けたところにポツンと建つ白亜の店舗は、青空がとてもよく似合います。
大間町にオープンした小いさな函館カフェ。

店内のディスプレイは、「好きな物に囲まれていたい」というコンセプトのもと、kaoriさんが昔から集めていたものや、暮らしの中で使っていたもの、あったものを展示していて、まさに「おうちカフェ」そのもの。
アットホームな雰囲気は、「あずましい~(心地が良い)」「ながまりた~い(横になって休みたい)」がピッタりで、長居をするお客さんも多いそうです。
大間町にオープンした小いさな函館カフェ。
メニューは、その日手に入った盛りだくさんの野菜と30穀米、主菜、スープのランチプレートや数量限定の食事を楽しめるほか、季節のソースで味わえるシフォンケーキや4種のパフェ、そして、函館を味わえる巴小珈琲などがあり、一日中まったりできるメニューが揃っています。
大間町にオープンした小いさな函館カフェ。

まるで自宅に居るかのような落ち着いた空間は、本州最北端までの長旅の疲れをたっぷり癒してくれました。

<問い合わせ先>
巴小cafe(はこカフェ)
電   話:0175-37-5321
住   所:下北郡大間町字蛇浦道6-1(蛯子写真館の向い側辺りです)
営業時間:11:30~17:00(L.O.16:30)
定 休 日:日曜日、月曜日

by きむにぃ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅