まるごと青森

twitter facebook rss
青天の霹靂のうまさに迫る

青天の霹靂のうまさに迫る

特産品・お土産 | 2015-12-03 20:03

去る11月10日、11日の2日間、日本料理界を牽引する青柳の小山裕久さんにプロデュースいただき、今秋本格デビューした青森県産米「青天の霹靂」の食事会を都内で開催しました。
テーマは、新品種「青天の霹靂」のうまさに迫る。
~「青天の霹靂」とその魅力を引き立たせる青森の食~
青天の霹靂のうまさに迫る

メニューの開発にあたっては、「青天の霹靂」を実際に栽培している津軽地方の気候風土や食文化を体験してもらうため、「青天の霹靂」を栽培している生産者や、地元で郷土料理を提供している津軽あかつきの会、旬の食材の畑などにご案内。
青天の霹靂のうまさに迫る

食事会で提供された料理は、小山さんの卓越した料理の業に、青森の空気感がしっかり入り込んでいて、都内にいながら、「青天の霹靂」が栽培されている津軽地方の魅力を感じることができる内容でした。
青天の霹靂のうまさに迫る

まずは、釜で炊いたあつあつの「青天の霹靂」。小山さんが青森で食べて美味しかったので、食事会のためにわざわざ運んでもらった津軽あかつきの会の漬物と一緒に。
「漬物だけで、どんどんご飯が進む」と大好評でした。
青天の霹靂のうまさに迫る

津軽各飯は、青森の食材と「青天の霹靂」の相性はもちろんのこと、見た目も宝石箱のような美しさ!
青天の霹靂のうまさに迫る

青森十膳は、青森の旨みが、小さい2段の文箱にギュッと詰まっていました。
青天の霹靂の稲穂を素揚げしたものもポップコーンのようでいけます。
青天の霹靂のうまさに迫る

定番の、大間の本マグロ!
青天の霹靂のうまさに迫る

スペシャル料理は、青森県産天然ヒラメの「しんじょう」。ヒラメのアラでとったスープに、ほんのり柚子の香りが。最後に、青天の霹靂を入れて、オジヤにして食べると最高です。
青天の霹靂のうまさに迫る

最初から最後まで「青天の霹靂」づくし。小どんぶりを5種類準備し<写真は4種類>、好きなものを好きな分だけチョイスできる斬新な演出。せっかくなのでと、思わず食べてしまう人が多かったようです。
青天の霹靂のうまさに迫る

デザートも色々選べます。もちろん好きなものを好きな分だけ。
最後に出てきた「青天の霹靂」のババロアは、「青天の霹靂」そのもの(驚)。
青天の霹靂のうまさに迫る

特に女子には、絶妙な味わいで目からウロコの「りんごチャーハン」と、青柳風の上品な「甘酒」が大好評でした。
様々な切り口から「青天の霹靂」にせまった終始楽しい食事会で、結果的に1人で平均3合(450g)近くも「青天の霹靂」を食べてしまったです。本当に驚きの美味しさです!         
                            byさっちゃん
青天の霹靂のうまさに迫る

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅