まるごと青森

twitter facebook rss
津軽の伝統×若いチカラ

津軽の伝統×若いチカラ

イベント・まつり | 2016-02-03 15:28

本日2月3日から9日まで、松屋銀座の7階和の座ステージにおいて、「津軽の伝統×DESIGN展」が開催されています。

津軽の伝統×若いチカラ

この企画は、津軽伝統工芸マーケティング促進研究会(主催:中南地域県民局)によるもので、研究会に参加する若手職人の作品が展示販売されています。

津軽の伝統×若いチカラ

研究会は、平成23年に津軽地域の伝統工芸に携わる意欲ある20~40代の若手職人をメンバーとして設立し、マーケティングや商品の見せ方などを学び、伝統的な技術とマーケットインの考え方を融合させたモノづくりを目指しているそうです。

気が付けば、マイ箸は津軽塗、筆箱や名刺入れはこぎん刺し、化粧ポーチは南部裂織。
青森の手仕事に囲まれて暮らしている私にとってはなんとも魅力的な企画。
ということで、早速会場へおじゃましてきました。

津軽の伝統×若いチカラ

ミルフィーユ、ストーン柄の津軽塗細箸

津軽の伝統×若いチカラ

花をモチーフにした津軽塗のお皿。

津軽の伝統×若いチカラ

津軽塗の工法と似た技術により波紋のように美しい模様「暗紋」のある津軽打刃物

津軽の伝統×若いチカラ

こぎん刺しがアクセントになっているワンピースやストール

津軽の伝統×若いチカラ

色鮮やかな南部裂織のベルト

などなど、青森で暮らしてきた私にとっても初めて目にするような作品が多くありました。

会場には、展示している作品を手掛けた研究会の若手職人が常時3~4名いるそうで、自分たちの作品へのこだわりや伝統的な技術についてお話を伺うことができます。

私が会場に行ったときは、津軽打刃物の吉澤さん、こぎん刺しの角舘さん、南部裂織の三好さんの3名がおり、それぞれにお話を伺いながら作品を見せていただきました。

職人の皆さんから直接お話を伺うことで、作品の魅力や職人の思いに触れることができ、いつもとは違う視点で、より深く青森の伝統工芸を知ることができたように感じました。

津軽の伝統×若いチカラ

ブログで紹介した作品はほんの一部で、伝統技術と若いアイデアが組み合わされた素敵な作品が会場内にはたくさんありました。

2月9日(火)まで開催しておりますので、青森の伝統と若手職人の皆様に会いにぜひお立ち寄り頂ければと思います。

by matsu

<津軽の伝統×DESIGN展>
日時・・・平成28年2月3日(水)~2月9日(火) 10時~20時
(9日のみ17時30分まで)
場所・・・松屋銀座 7階和の座ステージ
(東京都中央区銀座3-6-1)
出展内容・・・津軽塗(器、箸、盆、小皿、テーブルなど)
津軽打刃物(ペーパーナイフ、包丁、花器など)
こぎん刺(バッグ、ワンピース、タペストリー、ポーチなど)
南部裂織(ストラップ、帯締め、ベルト、卓布など)
主催・・・青森県中南地域県民局地域連携部
事務局・・・The企画エルサーチ株式会社

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅