まるごと青森

twitter facebook rss
懐かしの 津軽海峡にぐ・さがな弁当

懐かしの 津軽海峡にぐ・さがな弁当

グルメ | 2016-07-29 16:16

「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」が始まってもうすぐ1ヶ月。
出張にでかけると新幹線はいつも混み混みで、
たくさんの方に青森に来ていただけてるんだなあと実感しています。

この青函DCの開催を記念して販売されているのが、
「津軽海峡マグロ女子会」監修「懐かしの 津軽海峡にぐ・さがな弁当」(1,300円)です。
「マグ女新聞」と題された新聞紙にくるまれたパッケージからは、
懐かしさとマグロ女子会らしいユーモアを感じることができました。

懐かしの 津軽海峡にぐ・さがな弁当

このお弁当のキーワードは「懐かしさ」と「対比」。
青函連絡船が海を渡っていた頃をイメージし、
青森や道南で馴染みがある食材でノスタルジックさを表現しているとのこと。
また、青森は肉、道南は魚をメインの食材として対比させることで、
青森と道南2つの魅力が感じられる駅弁となっています。

北海道道南をイメージした「さがな」の部分には、
「ニシンの甘露煮」、「ほぐし鮭」など道南のご飯のおともに加え、
「イクラ」と「カズノコ」がアクセントとなって良い食感を生んでいます。
青森県をイメージした「にぐ」の部分には、
青森県人に愛され続けるソウルソース「スタミナ源たれ」で味付けされた
牛肉とゴボウが美味しい「焼肉のっけごはん」が馴染み深く絶妙な味わいです。
真ん中は津軽海峡をイメージしていて、
「棒タラ甘露煮」、「酢イカ」、「杏の梅漬け」、「リンゴのシロップ漬け」など、
青森や道南で昔から馴染みのある食材が並んでいます。

懐かしの 津軽海峡にぐ・さがな弁当

新青森駅や青森駅などで販売されているほか、
先日、東京駅1階の「駅弁屋 祭」に立ち寄った時にも見つけてしまい、
ついつい買ってしまいました。

そして気をつけなければいけないのが、
このお弁当は「にく・さかな弁当」ではなく、「にぐ・さがな弁当」だということ。
注文するときはお間違いのないように!

by yoshihito

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅