まるごと青森

twitter facebook rss

酉年に味わう!青森の最高級卵「いとしのきみ」

特産品・お土産 | 2017-01-06 13:53

酉年を迎えた2017年は、食分野でも鶏に注目が集まっています!

全国に美味しい地鶏が溢れ、まさに世は地鶏戦国時代。また、鶏肉料理専門店がブームになるなど非常に熱い鶏肉市場ですが、鶏肉同様に盛り上がりを見せているのが卵です。

百貨店の卵売り場では、飼育方法やエサにこだわった卵が十数種類も並んでおり、卵のソムリエ「タマリエ」という資格もあるほど。最近では、贈り物としての需要も高まっているそうです。

そこで、つい人に贈りたくなる青森の最高級卵をご紹介します。

 

にんにくで有名な田子町で、こだわり卵を生産している「田子たまご村」

ここでは、青森県畜産研究所が開発した薄緑色の卵を産む大黄卵鶏を育てており、この鶏の卵を「緑の一番星」という名前で販売しています。

「緑の一番星」は、通常の卵よりも黄身の比率が大きく、生で食べても臭みがなく、甘みがある美味しい卵ですが、田子たまご村には「緑の一番星」のさらに上をいく、プレミアムな卵があるのです。

それが、「いとしのきみ」

itoshinokimi-04-1

 

「いとしのきみ」は、「緑の一番星」の中から、54年以上もの間、毎日何万個もの卵を見続けてきた卵の匠である田子たまご村の日澤さんによって選ばれる極上卵です。
itoshinokimi-05

田子たまご村では、1日に10,000個の「緑の一番星」が生まれますが、その中から、大きさや重み、触り心地など日澤さんの長年培った経験によって選ばれるのはたったの100個。1日に10パックしか販売することができません。

 

 

fotorcreated

そのお値段は、1箱10個入りで8,000円。なんと1個800円の高級卵です。

 

通常の「緑の一番星」ももちろん美味しいのですが、「いとしのきみ」は、黄身の大きさが卵全体の約30%と「緑の一番星」よりもさらに上を行きます。

itoshinokimi-02-1

 

一番美味しい食べ方は、やっぱり卵かけごはん。

ごはんの上に卵をのせ、大きな黄身を軽くほぐすだけで、完成された味わいが…個人的にはお醤油なしで一杯ぺろりです。

itoshinokimi-34

 

酉年だからこそ、大切な人への贈り物に「いとしのきみ」はいかがでしょうか。

「いとしのきみ」ケッコーなお味にうっトリして、トリこになってしまうかも!

 

by matsu

 

田子たまご村
場所青森県三戸郡田子町大字山口字鳶ヶ沢20-30
TEL0179-23-0139
FAX0179-23-6540
料金1箱 8,000円
Webサイト田子たまご村直売所

タグ: 肉・卵田子町

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅