まるごと青森

twitter facebook rss
奥入瀬渓流雲井の滝

三世代で行く奥入瀬・八甲田の旅

観光スポット 体験 温泉・宿泊 | 2017-06-07 12:00

「三世代の旅」、祖父母から孫まで一緒に楽しむ旅。第三弾は、新緑の奥入瀬・八甲田の旅をご紹介します。

 

蔦温泉

旅のお宿は、県外在住の義理の両親の希望で、南八甲田の中腹にたたずむ一軒宿、蔦温泉へ。温泉を取り巻くひっそりとしたブナの森「蔦の森」には、蔦沼・鏡沼・月沼・長沼・菅沼・瓢箪沼といった個性的な池沼が点在。蔦温泉を起点に「沼めぐりの小路」の約3キロの遊歩道があり、少し歩いただけで思いもよらない絶景に出会えます。平坦でお年寄りも無理なく歩けますし、子供も崖から落ちるといった心配なく走り回ることができて、三世代それぞれに森の魅力を味わうことができました。

蔦温泉
お宿では、湯舟の底から直接湯が湧く源泉湧き流しの「久安の湯」と「泉響の湯」が素晴らしいことはもちろんのこと、美味しくてオシャレな料理も、ゆったりできるお部屋も素晴らしかったです。

 

多彩なアクティビティ
このエリアに数ある楽しみの中でも、やはり外せないのが奥入瀬渓流の散策。元気な子供たちは、焼山から子の口まで約15キロを早歩きで一気にトレッキング。妻と両親は、渓流のハイライトとなる美味しいところをつまみ食いして、写真撮影と森林浴とコケ観察。それぞれの趣向や体力に応じて楽しめて、しかも一本道なので、合流し易いのも奥入瀬渓流のありがたいところ。
奥入瀬渓流

 

子供たちの強い希望で十和田湖のカヌーを体験。自分たちの力だけで、湖を進んでいくカヌーは、日常と離れた楽しさを味わえますし、また遊覧船では味わえない十和田湖の自然の景観を体感できます。孫と祖父母が力を合わせて一緒に楽しむ最高のアクティビティ。
十和田湖カヌー

 

八甲田も楽しみたくて、旅の宿を移動
八甲田ロープウェーにも乗ろうと、八甲田エリアに移動。お宿は北欧風の山小屋城ヶ倉温泉。孫と一緒に宿泊できるお部屋を調べ上げた祖父母がチョイスした部屋は、木のぬくもりを感じられる贅沢なつくりのメゾネット。ホテル城ヶ倉客室

 

露天風呂、美味しい食事、アレルギー対応食(ベビー食もあり)などみんなに優しいサービスが提供され、ブナ林に囲まれながら贅沢な時間を堪能。ホテル城ヶ倉露天風呂

 

趣向も体力も様々な三世代の旅、みんなそれぞれに満足することができました。グリーンシーズンの奥入瀬・八甲田の旅、お勧めです。

 

八甲田・酸ヶ湯温泉で、三世代の旅
三世代で行く三沢の旅~温泉、アメリカンバー、そして三沢航空科学館~

by 菊花

蔦温泉
場所青森県十和田市奥瀬字蔦野湯1
TEL0176-74-2311

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅