まるごと青森

缶で調理、熟成される「味わい鯖」〜味の加久の屋(八戸市)〜

グルメ 特産品・お土産 | 2017-12-04 22:32

秋から冬にかけて、八戸沖で脂のノリが非常に良い、良質な鯖が八戸港に水揚げされます。「さば水煮缶」で定評のある「味の加久の屋」では、鯖が一番美味しいこの時期だけ鯖の缶詰を製造しています。ちなみに、国内で生産される鯖の缶詰の約半数は青森県内で製造されています。

味の加久の屋では、“目利きマイスター”が漁港で水揚げされた鯖の中から、脂のノリ具合、鮮度の良さ、健康さを見分けて仕入れを行います。漁獲から入荷まで、最短で半日、その間常に氷水で冷やした状態を保ちます。鯖は鮮度が命です。

入荷した鯖は切り分けられ、“手詰めマイスター”と呼ばれる熟練の女性職員たちの手作業により、身を崩さず丁寧に缶に詰められていきます。味の加久の屋では、鯖の旨味を缶内に閉じ込めるため、全て生のまま詰める「生詰め」と言う方法で、缶に入れたまま加熱と殺菌を同時に行う「缶内調理」を行なっています(※缶内調理は、同社が日本で始めて確立した技術です)。
味の加久の屋_味わい鯖3蒸気加熱と違い、肉質に緊張感があり、角までしっかりしていて身崩れしていません。濁りのないスープは新鮮さの証。
味の加久の屋_味わい鯖2一つ一つ手詰めされているので仕上がりも美しい。黄色いオイルが浮かんでいて、鯖の脂のノリが良さが分かります。
この脂を含んだスープは缶の中で広がり、徐々に身の中に染み込んでいき、スープに溶け込んだ脂分、旨み、そして塩分が缶全体でまろやかに馴染んでいきます。これが缶内熟成、いわゆる「缶熟」です。

鮮度と缶内調理。日本一の鯖缶を目指し、直向きに取り組んできた味の加久の屋のこだわりが、そこにあります。

そんな想いの詰まった鯖の缶詰を是非食べてもらいたい。

by トリッキー

味の加久の屋
場所青森県八戸市大字鮫町福沢久保3
TEL0178-34-2444(代)
Webサイト味の加久の屋

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメ野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理ラーメン魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンスイーツ肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポートまち歩き田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県伝統工芸三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドア郷土料理歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館ツアーアートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食りんご

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ