まるごと青森

twitter facebook rss

「フライドニジマス」を待つ間、流しそうめんでお楽しみください!

グルメ | 2018-03-17 09:18

先日ご紹介した釣り堀の「フライドニジマス」。買うだけなら電話で予約してから行っていただきたいのですが、釣りを楽しんでから調理をお願いすると、どうしてもちょっと待ち時間ができます。辺りを散策して、岩木山麓の自然を楽しむのもオススメですが、こちらの釣り堀には、もうひとつの名物があります。それが流しそうめんです。

看板にも「名物」と書かれています。釣り堀を楽しんだ後は、この流しそうめんを食べて帰る!という方も多いそうです。

こちらの流しそうめんの美味しさのポイントは2つ。ひとつめのポイントは沢から引いた水です。

こ茹で上がったそうめんはキリッと締められ、流しそうめんのテーブルへと運ばれます。

 

 

テーブルにはどこか懐かしい雰囲気のある、ぐるぐる回る流しそうめん機(?)が設置されています。ここでぐるぐるしている水は沢から引いたキリッと冷たい水。

この冷たい水にそうめんを流して、

そして、すくってから食べます。これがこの釣り堀の流しそうめん!

そして、この流しそうめんの美味しさのポイントがもうひとつあります。そうめんの「つゆ」です。

ほんのりと甘味があり、沢の水でキリッと締められたそうめんにとてもよく合うので、ツルツルと食べているうちに、あっという間にそうめんが無くなってしまいます。あまりの美味しさにこの「つゆ」だけを販売してほしいとまで言われるそうなのですが、この場所で、この水を使って食べるそうめんでなければ、この美味しさにはならないとのことで、いつもお断りしているそうです。

「追の沢マス釣り場」の2大名物、先日ご紹介した「フライドニジマス」と、今回ご紹介した流しそうめん。釣り堀がオープンする4月下旬は、流しそうめんを楽しむには少し早い時期かもしれませせんが、暖かい日には、釣り堀で釣る、調理を待つ間に流しそうめん、揚げてのフライドニジマス、の流れで満喫するのもオススメです!

 

先日の繰り返しになりますが、「フライドニジマス」は私が勝手に呼んでいるものですので、注文の際には「ニジマスの唐揚げ」とお伝えください。もちろん、流しそうめんは「流しそうめん」で伝わります。

byだーくほーす

追の沢マス釣り場
場所青森県弘前市百沢字岩木山2279
TEL0172‐83‐2625
時間営業時間 9:00~16:00
料金流しそうめん 480円
釣り堀
ニジマス5匹 1300円(竿、エサ代込)
釣ったニジマスの唐揚げ 調理代 1匹80円
唐揚げを購入する場合
500グラム/1000円
1キログラム/1900円
その他営業期間は4月下旬から10月下旬
積雪量や天候により前後しますので、事前にお電話でご確認ください。なお、休業中は電話は不通となります。

タグ: 自然弘前市

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅