まるごと青森

twitter facebook rss

苔(こけ)を楽しもう!「小さな奥入瀬」

観光スポット 体験 | 2018-05-11 21:41

前回の記事でチラッとご紹介しました奥入瀬渓流の「苔(こけ)」。

今回は、その苔についてピックアップします。

奥入瀬渓流の苔むした岩
こけ玉…植物の根を土で包み、その表面に苔を貼り付けたもの。

 

奥入瀬渓流の情報発信基地と言われる「奥入瀬渓流館」内にある「奥入瀬モスボール工房」では、モスボール(こけ玉)を制作しており、その「こけ玉」を奥入瀬渓流に点在する「苔むした岩」に見立て、「小さな奥入瀬」を表現しています。

様々なこけ玉が楽しめる屋外展示場
苔の妖精??

 

展示場では、さまざまな色・形・大きさのこけ玉が無数にディスプレイされており、かなりの迫力があります。

ここでは詳しくご紹介できませんが、絶好の撮影スポットがありますので、探してみてください。

 

工房では、こけ玉作りを体験することができます。所要時間は約30分。小さなお子様でも簡単に作ることができるというので、スタッフの方の優しい手ほどきを受けながら、私もチャレンジしてみました。

最初に植物の根っこを選んだ後、まずは水苔(みずごけ)で包み込みます。
全体の形を丸く整えながら、はがれないように糸で固定します。
次に、シート状の苔に数回霧吹きした後、全体に被せていきます。
後は同様に糸で固定して、お好みで目を付けたら完成です。

 

出来上がったこけ玉は持ち帰り、部屋で大切にお世話をしましょう。

名前をつけてあげてもいいですね。

 

 

奥入瀬こけソフト 350円

休憩の際は、奥入瀬渓流館の「奥入瀬こけソフト」がオススメです。抹茶とチョコレートを使い、奥入瀬の苔を表現しているという珍しいソフトクリームです。見た目もさることながら、濃厚なソフトクリームに加え、抹茶のいい香りと深い味わいが楽しめる一品です。

 

天候が悪くて渓流の散策ができなくても、「小さな奥入瀬」を楽しむことができる「奥入瀬モスボール工房」と「こけソフト」のご紹介でした。

渓流館内では他に、奥入瀬渓流に関する資料の展示や、数量限定のアイスコーヒーをいただける喫茶コーナー、特産品が並ぶおみやげ売り場なども充実しています。

 

「小さな奥入瀬」を、ぜひ体感してください。

by パン万次郎

 

【注意】奥入瀬モスボール工房で使用している苔及び植物は、園芸業者から仕入れた素材のみを使用しています。奥入瀬渓流における自然物の採取は禁止されていますのでご注意ください。

奥入瀬渓流館
場所青森県十和田市大字奥瀬字栃久保183
TEL0176-74-1233
時間9:00~16:30
年中無休(渓流館)
火曜定休(奥入瀬モスボール工房)
Webサイト奥入瀬渓流館   奥入瀬モスボール工房

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅