まるごと青森

twitter facebook rss
奥入瀬_上高地_十和田バラ焼き_バラ焼丼

奥入瀬の「上高地」といえば、バラ焼き丼とラーメンでしょう!

グルメ | 2018-07-09 18:03

奥入瀬渓流の玄関口、十和田湖温泉郷にある「大衆食堂 上高地」。
地域の住民のみならず、温泉郷の宿泊客、奥入瀬渓流や十和田湖を訪れる人たちから親しまれ、愛され続けている食堂があります。

新緑の奥入瀬渓流を散策した後、久しぶりに上高地に行ってきました。
目当てはやっぱり、バラ焼き丼とラーメンです!
実は、奥入瀬を歩いている時から、頭の中でずーっと食べることを考えていました(笑)。
奥入瀬_上高地_十和田バラ焼き_ミニバラ丼こちらが「ミニバラ丼」。ご当地グルメ「十和田バラ焼き」を丼にしたメニューで、ハーフサイズにアレンジしたものです。
大量の玉ねぎ、人参、ピーマンに牛バラ肉を合わせて、甘辛いタレで焼いたバラ焼きはご飯によく合い、とても美味しいです。

一説によると、この「ミニバラ丼」は、常連の十和田市職員が、ラーメンと一緒にバラ焼き丼を食べたいのだけれど、フルサイズだと多すぎるので、ハーフサイズのメニューを作って欲しいという要望から誕生したと云われています。

もちろん、バラ焼き丼をフルサイズで食べたい人もいると思います。奥入瀬_上高地_十和田バラ焼き_バラ焼丼こちらがフルサイズの「牛バラ焼丼」です。丼から溢れんばかりに盛り付けられたボリューム満点のバラ焼きが食欲をそそります!奥入瀬_上高地_ラーメンそして、バラ焼きに合わせる「ラーメン」は、中細の縮れ麺に、鶏がらでとった出汁にコクと旨味のある醤油で味付けしたスープがよく絡んで、シンプルながらとても美味しい、昔ながらの味わいが楽しめます。

バラ焼きもラーメンも両方食べたい人には「ミニバラ丼」と「ラーメン」をオススメしますが、たくさん食べたい人には「牛バラ焼丼」と「ラーメン」をオススメします。

ぜひ、十和田湖、奥入瀬渓流を訪れた際には、「上高地」をお試しください。きっとあなたも「上高地」の虜になってしまうかも!?(笑)

by トリッキー

上高地食堂
場所青森県十和田市法量焼山64
TEL0176-74-2418
時間10:00~20:00(14:00~16:00休憩の場合あり)
料金牛バラ焼丼 800円
ミニバラ丼 550円
ラーメン 550円
Webサイト上高地食堂
その他不定休

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅