まるごと青森

twitter facebook rss
tasogaretyu-さんスタンプ集合

あの人の笑顔を想ってポン!~青森愛が細部に宿るtasogaretyu-(タソガレチュー)さんのスタンプ~

特産品・お土産 青森の人 | 2018-12-10 13:03

12月です。年賀状やクリスマスカードなど、親しい方やお世話になった方へ向け、筆を執る機会も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな時、文字と一緒に押したくなるようなスタンプをご紹介します。

tasogaretyu-さんのスタンプの魅力
作り手は、五所川原市の tasogaretyu-(タソガレチュー)さん。
思わずクスリと笑ってしまうような味わい深い線と、題材選びの妙が魅力です。

まずは、3種類の岩木山から。この違い、わかりますか?

3種類、観測地点違いの岩木山
左:弘前市方面から、中:青森市方面から、右:五所川原・つがる市方面から見た岩木山。

県内3地域、それぞれの地域からの見え方の違いなんです!
岩木山のベストビュー談義になると「おらほから見るお山が一番」と、互いの地域の住民が譲らない。
そんな「並々ならぬ岩木山への愛情の発露」を見事に表現していると思いませんか?

次は力士。
tasogaretyu-さん作の力士(相撲)スタンプ
相撲王国の青森。でも持っているのは、塩・・・ではなくて、リンゴにコケシ、ホタテにニンニク!

次は扇ネプタ。
tasogaretyu-さん作の扇ネプタ
武者絵の中央は津軽為信公、背景には岩木山。よく見ると鷹も飛んでいて、台座にはリンゴが!細かいです!!

他にも、鳩笛やこけし、縄文土器、南部せんべいなど、青森にちなんだスタンプがたくさんあります。

tasogaretyu-さん作こけしと鳩笛
表情がめんこい。

tasogaretyu-さんにお話をうかがったので、以下インタビュー形式でお伝えします。

tasogaretyu-さんインタビュー
Q:スタンプを作りを始めたきっかけは?
10年ほど前に行ったクラフト展で、偶然スタンプ作品を見かけました。絵を書くのが好きだったので、自分にもできるかもと、消しゴムに自動車を彫ってみたら、思ったよりうまくできて。そこからです。

Q:初めから青森を意識した作品を作っていたのですか?
最初はロバやゾウなど動物が多かったです。徐々に、岩木山やリンゴ、ホタテなど彫るようになりました。「力士」も最初は塩を持たせていたのですが、青森名物と組み合わせてみたら?との声でバリエーションが広がりました。

Q:スタンプ作りの道具はどういうものですか?
トレーシングペーパー、消しゴム、カッターです。カッターは色々試して、今のような刃先が長いものに落ち着きました。

tasogaretyu-さんのスタンプ作り用のカッター
tasogaretyu-さんのカッター。刃先が長いです。
作業中のtasogaretyu-さん
刃先を入れる様子です。

Q:スタンプを作る上で一番のこだわりは何ですか?
二次元に見えるようにすること、です。二次元を立体的に見せる手法は色々あると思いますが、自分は平面的に見せたいです。

Q:今後作ってみたい題材は何ですか?
扇ネプタを作ったので、五所川原立佞武多や青森ネブタを作ってみたいです。立佞武多は長いスタンプになるかも。

奥田民生が好きだというtasogaretyu-さん。これからも自然体で細く長く作り続けていきたいそうです。
お会いした時、自作のスタンプを押した「I LOVE 青森」Tシャツを着ていらしたのですが、よく見ると、真ん中の赤いのは、リンゴでした!

tasogaretyu-さんのI LOVE 青森Tシャツ
ハートじゃなくて、リンゴでした!

落ち着いた穏やかなお人柄の中に見えるユーモアとスタンプ作りへの真摯な姿勢。進化して深化するスタンプの秘密に、少し触れられたような気がしました。

この時、白紙の年賀状を持参していた私。原版(ハガキ大)を押させていただくという貴重な体験をしました。

バーン!

tasogaretyu-さんスタンプ原版(連獅子)
この線の力!

原版は、迫力が違いました。投函できません。もう、我が家の家宝決定です!

三ノ月舎 クレノタソガレ展2018(12月1日~12月31日)
そんなtasogaretyu-さんのスタンプを5年ほど前から取り扱っているのが、青森市の雑貨店、三ノ月舎(みのつきしゃ)さん。
現在「クレノ タソガレ展」として、青森感満載のスタンプの他、年賀状にぴったりな来年の干支など、約40種類のスタンプを解説付きで展示・販売しています。

クレノタソガレ展2018ポスター
クレノタソガレ展2018ポスター

店内での解説はこんな感じです。

三ノ月舎のクレノタソガレ展の内容
じわじわ来ます。

ちなみに、三ノ月舎さんの紙のお買物袋にはスタンプが。これも、店内に飾ってある福助をtasogaretyu-さんがスタンプ化したものなのだそうです。

三ノ月舎紙袋の福助スタンプ
こちらがスタンプ。
三ノ月舎さんの福助
こちらがモデル。

歳の瀬に、あの人の笑顔を想いながら、tasogaretyu-さんのスタンプをポン!
文字以上に、伝わるものがあるかもしれません。

岩木山(弘前方面から)スタンプを押したところ
ポン!

byチビスケ

三ノ月舎(みのつきしゃ)
場所青森市柳川1-2-3 青森駅ビルラビナ 2階
TEL017-774-3033
FAX017-774-3033
時間10:00~20:00
料金tasogaretyu-さんスタンプ(サイズにより値段が異なります)
・約3×3cm×1.5cm:540円
・約6×3cm×1.5cm:648円
(2018年12月10日現在、消費税込価格)
Webサイトホームページ ,ブログ(みのつき日記) ,Facebook ,Twitter ,Instagram
その他「クレノ タソガレ展2018」は12月31日(月)まで

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅