まるごと青森

女性にもオススメ!気軽に立ち寄れる八戸横丁

グルメ | 2018-12-22 01:56

10月に八戸横丁の取材に行ってから、もっといろんなお店に行ってみたいと思い続けて早2ヶ月。
念願叶って、2度目の横丁取材をしてきました。
ナビゲーターは、前回の取材で「origo」さんを勧めてくれた、女子の気持ちがよくわかる同僚(男性)です。

そして、今回は、女性にもオススメなたくさんのお店のなかから、3軒をご紹介。
(本当はもっと取材したかったのですが、胃袋と肝臓の関係で、これ以上は断念…。)

最初に伺ったのは、「みろく横丁」と交差する横丁「花小路」にあるお店です。

1軒目「STAND hanamichi」

店内が外から見えるので、女性でも入りやすいです。

今年の8月にオープンしたばかりの新しいお店です。「STAND」という名前ですが、冬は椅子を置いていて、ゆっくり座って飲めました。

まずは、「前菜3種盛り合わせ」を注文。その日のメニューから、お店のオススメを出してくれます。この日は、左から、温かい「冬野菜のラタトゥイユ」、「自家製キッシュ」、「パテ・ド・カンパーニュ」。北洋硝子(青森市)のお皿もステキ。
続いて、「八戸産スルメイカのアヒージョ」。イカの肝がいい味を出しています。こちらは保温性の高い南部鉄器を使用。食器にもこだわっています。
次は、どんな味か気になる「洋風出汁のモツ煮」。アサリ出汁を使った塩味ベースのモツ煮で、今まで食べたことのないおいしさ。トマトの酸味もあり、さっぱりといただけました。ワインにも合う新しい味です!
店主の林源太さん。県外のお客様も多いそうで、観光客の方に喜んでもらえるように、できるだけ県産食材を使っているそう。このお店の他にも2店舗(炭火焼きの「すみ・さけ みなみ」、お気軽洋食&ワイン「Tika」)をやっており、お客様からお店においていないお酒を飲みたい!と言われたら、ほかの2店舗に走って取りに行くこともあるそうです(笑)なんというサービス精神。

お料理もおいしく、マスターもきさくで、女子的横丁飲み歩き、楽しいスタートとなりました。

▪️店舗情報

STAND hanamichi
住所:八戸市六日町10いわとくパルコ新館1F(花小路沿い)
電話:0178-44-3777
営業時間:18時〜3時
定休日:だいたい月曜日がお休みです。
*年末年始も営業。

2軒目「スペインバル Liber(リベル)」

続いて向かったのは、横丁ではないけれど、横丁のすぐそば「楢館七番街」にあるお店です。
こっちこっち、と前に来たことがあるという同僚に連れられて向かったものの、だんだん不安に。

広い駐車場の先に現れたのは、トタン張りの大きな建物。壁にぽっかりと空いた出入り口を、電灯が怪しく照らします。果たして、ここに女子の集う店があるのだろうか…。
入り口を入ってすぐの右側に、そのお店を発見。ドアを開けると、明るく雰囲気のよい店内に一安心。そして、先客の常連の女性のお客様もいらして、さらに安心。ありましたよ、女子の集う店!
スペインバルなだけあって、スペインのお酒がいろいろとおいてあります。私はシードル(辛口)を注文。すると、店主の髙橋幸司さんが、高い位置からシードルをグラスに注ぎ始めました!思わぬパフォーマンスにテンションが上がります。こうすることによって、香りを立てるほか、口当たりがまろやかになるんだそうです。
甘いものが食べたくなり、先に「ワインに合う黒いチーズケーキ」と「燻製生チョコ」を注文。黒いチーズケーキは、手作りチーズケーキをオーブンで真っ黒になるまで焼いて、塩を散らしています。苦味と甘みと塩味が、とてもよいバランスです。燻製生チョコは、冬限定。こちらもお酒によく合う味です。メニューに燻製のものがいくつかありますが、すべて自分でいぶしているとのこと。
続いて、「カタルーニャ風グラタン」を注文。こちらでは、牛、豚、鶏をトマトと煮込んでほろほろにしてラザニアシートでくるんで焼いています。

常連のお客様は「一人で気軽に来られるし、何を食べてもおいしい!」と言っていましたが、納得です。

店内は、カウンターのほかに、奥に4人用の小上がりがあるので、小グループもOKです。

お店に入るまでは不安でしたが、中は別世界。とっても居心地のよいお店でした。

▪️店舗情報

スペインバル Liber(リベル)
住所:八戸市岩泉町7楢館七番街1F
電話:0178-45-6566
営業時間:19時〜2時
定休日:日曜日
*年末年始は、12月31日と1月1日はお休み。それ以外は営業。

3軒目「キッチン ジャポナーゼ」

最後は、たぬき小路にある「キッチン ジャポナーゼ」さんです。

お店の前には、よっぱらいほやじの像があります。
店内に入ってまず驚くのが、カウンターの上の和風な装飾。龍、力士、富士山などが描かれています。こちらのお店は、2階建てなのですが、1階部分のコンセプトは「外国人から見た日本」。仙台出身で、現在、八戸在住の絵描きの「SUBLOW(サブロー)」さんにお願いして描いてもらったそうです。
次に驚くのがこちら。カウンターの後ろに、まるで家のようにくつろげそうなコタツ空間があるのです。ちゃんと中が暖かいです。いいですね、こういう遊び心。
今回は、カウンターに座らせていただきました。お店で人気の「長芋の醤油漬け」を注文。3軒目でお腹もだいぶいっぱいになっていましたが、醤油と酢でつけた長芋はさっぱりしていて、何個でもいける感じでした。
続いて、気になる名前の「ゾンビチーズ盛り」。クリームチーズの味噌漬けや、酒盗とマスカルポーネチーズをあえて黒胡椒をふったものなど、変わり種チーズの盛り合わせです。どれも、クセになる味でした。

お腹に余裕があれば、一番人気の「台湾まぜそば」や「油淋鶏」を食べたかったのですが、今回は叶わず。お腹をすかせてまた来なくては。

店主の田中さん。この日は、地酒を8種類用意。三浦酒造さんが東京に出している「モヒカン娘」、「ビキニ娘」は、東京に買いに行って揃えているそうです。

カウンター上の装飾やコタツ席、2階には1階と雰囲気の異なる和モダンな座敷を用意するなど、お客様を楽しませようという気持ちが伝わって来ました。お酒もお料理もおいしかったです!

▪️店舗情報

キッチン ジャポナーゼ
住所:八戸市鷹匠小路4
電話:0178-79-1744
営業時間:19時〜4時
定休日:日曜日、祝日
*年末年始は、12月31日と1月1日はお休み。それ以外は営業。

横丁にまだ行ったことがない女子のみなさんも、ぜひ、八戸の横丁で、いろいろなお店を巡って楽しんでみてください!

by はっしー

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

タグ:

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドア

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ