まるごと青森

Youはどんな青森みやげを買ってるの?

特産品・お土産 | 2019-03-15 22:00

ここ最近、ニュースなどで「インバウンド」という言葉をよく耳にするようになりました。

その中でも青森県は、外国人の観光客数が急激に伸びている代表例として、よく紹介されていますね。

実際、青森に住んでいると、外国人の旅行者の方々が増えたなあと、肌で実感。

そこで今回は、外国人観光客のみなさまが、一体どんなものを青森で買っているのか、青森市にある青森県観光物産館アスパム1階の「青森県地場セレクト」中山さんに、いま外国人観光客のみなさまに売れている商品を紹介してもらいました!

アスパム1階にある「青森県地場セレクト」さん
いろんなお土産を紹介してくれた地場セレの中山さん。手に持っているのは電子マネーの決済端末

まず、最初に中山さんが「日本人より外国の方に売れている商品で、まず思いつくのはこれですね」と紹介していただいたのが、いきなり意外な、

まさかの嶽きみ!

弘前市の地域ブランドのとうもろこし「嶽きみ」(だけきみ)!

この商品は、茹でた嶽きみを真空パックしたもの。

中山さんいわく、外国の方は、これが調理済みと知ると、買ってその場で食べるんだそうです。日本人のアイスクリーム的な感覚なんですかね。

中国語で「このまま食べられる」と書かれたポップ。

 

続いて紹介していただいたのは、さらに意外でした。

むつ市脇野沢の焼干し。

脇野沢の焼干し!焼干し!?

どういうこと?と戸惑っていると、中山さんは「これも、買ったらすぐ開けて、みんなでシェア食いしてますね」とのこと。たしかにわかる。美味しいけど!

「いわしはともかく、サバの焼干しは大きくて結構固いんですが、それでもバリバリ食べてますよ」

イワシとサバの焼干しを並べてみました。確かにサバはかなり大きめ。

「あ、あと、その場で食べると言えば、こちらのカリポリは鉄板ですね」

カリポリ貝ひも。日本の方にも大人気。

 

売り場にあった味は6種類で、1番の売れ筋はガーリック。最近は津軽海峡の塩も売れているそうです。

「試食して、複数個買って、1つはその場でさらに開けて食べて、あとはお土産にしているみたいですね」

なるほど。やはり中身が見える系はその場で食べる系なんですね。

「試食できるものでは、最近はこれも売れています」と紹介していただいたのが、

青い森のポケット「りんご桜の里」

フリーズドライアップルのお菓子、「りんご桜の里」。

こちらも、日本人外国人問わず人気だそうで、「試食したら大体買ってもらえるんです」という言葉に釣られて試食したのですが、

買うよねー

 

まあ、これは買ってしまいますよ。

試食したのは「ふじ」のドライフルーツだったのですが、「7品種のりんごでそれぞれ全然味が違うんですよ」とか言われたら、7種類入ったのを食べてみたくなるし、ふじは実際おいしいし、ドライなのにしっかりとりんごだし。

重さも軽いので、外国旅行のお土産としても買いやすそうですね。

「あと、お土産で冬場にとにかく売れるのがこちらですね」

津軽のショコラポム

「こちらは特に中国や台湾の方々に人気で、パッケージデザインや値ごろ感だったり、『青森県産』『津軽』と漢字で書いてあるので読める、というのも良いみたいですよ」

なるほど。確かに言われてみれば、周りの人に配る用にまとめて買うにはちょうどいい感じ。

ちなみに中身は、青森県産のりんごを使ったドライアップルにチョコレートをトッピングしたもの。1つ1つが大きめで食べごたえもあります。

味は少し外国のお菓子な感じ。それもそのはず、ベルギー産チョコを使用しているんですね。

 

「食べ物系以外だと、この前の春節に人気だったのは、干支ねぶたでした」

十二支が揃ってました

「中国や台湾の方は干支文化なので、わかるんですね。自分の干支だったり、龍を買っていく方もいます」

「それから、今年に入って、特に中国や台湾は、若い方が増えてきました。そのため、日本の『かわいい』ものを好んで買っていきますね」

縁起の良い招き猫。かわええですにゃー

 

津軽金山焼の招き猫。こっちもかわいいです。

 

「『金山焼』は金という縁起の良い字が入っていることもあって、漢字圏の方に人気ですね」

なるほど。勉強になります。

 

ここで、逆に日本人には売れるけど、外国の方には売れない、という商品を聞いてみたところ、2つの商品を教えてくださいました。

「蓬田村のとまとけちゃっぷ」。固定ファンも多く、地場セレクト開始初期から鉄板の商品なんだそうです。
このブログでも何度か紹介している「八戸サバ缶バー」。これ外国の方に売れないとは意外でした。

 

八戸サバ缶バーは、おしゃれなデザインと、最近のサバ缶ブームとも相まって、一時かなりの品薄状態が続いていると聞いていたのですが。ビビっとくるポイントが違うんでしょうか。あと単純に重い、ってのもあるのかな。

 

というわけで、興味本位で色々聞いてみたのですが、外国の方に売れるものも意外、売れないものも意外という、意外づくしの結果となりました。

これから大型クルーズ客船が来る時期になると、欧米系の方が増えるので、また違うものが売れそうな気もします。定期的にリサーチしたいですね。

というわけで、今回はここまで。

色々と教えてくれた中山さん、ありがとうございました!

 

by かろ玉子

青森県地場セレクト
場所青森県青森市安方1丁目1
TEL017-777-3679
時間9:00~19:00
Webサイト青森県地場セレクトブログ

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ