まるごと青森

twitter facebook rss

【板柳町・拉麺七輪】ひっそりと店を構えるアットホームな隠れた名店

グルメ | 2020-03-18 20:30

住宅街の中や人通りの少ない場所にひっそりと店を構える隠れたお店。そう言ったお店の話を聞くと何だか一度は訪れたくなる気持ちになりませんか。そうして訪れたお店がアットホームな雰囲気だと何度も通いたくなります。そんな何度も通いたくなるラーメン屋さんをご紹介します。

板柳町でひっそりと店を構えるアットホームな隠れた名店、「拉麺七輪」。

今回訪れたのは板柳町にある、畑と住宅に囲まれてひっそりとお店を構える「拉麺七輪」。板柳町のトド寝スポットである「高増温泉不動乃湯」から車で3分ほど走ったところに、独特な雰囲気を醸し出すラーメン店「拉麺七輪」があります。

拉麺七輪の外観

早速店内に入ってみると、中には大きなテーブルがどんと置いてあり、まるで一般住宅のリビングに入ったかのような雰囲気が広がります。

人数に関係なく一つのテーブルを囲む為か、どこかおうちにお邪魔したかのような雰囲気に
すぐ脇には薪ストーブ

また、脇にはストーブの上に鍋が置いてある光景が、実家のような安心感を与えてくれます。一見すると店内はテーブルが一つしかないように見えますが、ちょっと脇にずれ奥に進むと、テーブルが2つ置いてあります。

店の奥にも席があります。こちらにはカラオケの機械などがあり、スナックのような雰囲気

こちらのお店はご夫婦二人で切り盛りしており、店内に入ると女将さんが軽快なトークで対応してくれます。その際よく話題に出てくるのが、道に迷わなかったかという話。それもそのはず、最初にお伝えしたとおり住宅地の奥にあるため、知っている人に教えてもらわなければ迷うこともしばしば。

その為、メニューの裏には案内図が記されています。

メニュー
メニューの裏に案内図が記載。よく見ると、青いゴミカゴが目印に。

見て分かるとおり、案内図の目印となっているのがまさかの「青いゴミカゴ」。口コミでこのお店を知ったお客さんは、この青いゴミカゴを目指してやってくるそうです。

ちなみに、実際の目印がこちら。

目印となる青いゴミカゴがひっそりと

この青いゴミカゴを左に曲がって、その後道なりに進むと到着。最近は地図アプリなどを使用すれば辿り着けるそうですが、古いカーナビなどだと迷う事があるそうです。

アットホームな雰囲気の中食べる

女将さんのフレンドリーな会話の中、今回注文したのがスタミナラーメンとチャーハン。注文した後も色々な雑談を交わすため、体感的な待ち時間はほとんどなし。

スタミナラーメン 850円
ちぢれ麺があっさりしたスープによく合います。

たっぷりのニラの香ばしさとニンニクが効いたあっさりスープで、ちぢれ麺によく合います。また、出汁が効いていて、ほっこりする味わいが口に広がります。どんぶりがすり鉢になっており、ボリュームも十分。ニラの下に隠れた大量の野菜と頂上にある味がしっかり染みた肉みそが食べ応えを与えてくれます。

チャーハン 650円
香ばしい匂いに食欲をそそられるチャーハン

ごろっとした豚肉と卵、そしてご飯がしっかり炒められた、味は少し濃いめチャーハン。でもその味の濃さが何だか食欲がそそられる美味しいチャーハンでした。

実はこちらのお店は今年で5年目。元々ご主人が趣味でラーメンを作っていたところ、青森市でラーメン屋を営んでいる弟さんから、店を出してみてはとアドバイスを受ける、店を開くことになったそう。因みに、ご主人のオススメはこちらの他に、坦々麺やごろめん(坦々麺のつけ麺)など。

食後に提供されるコーヒーをいただいていたところ、調理を終えたご主人が同じテーブルに座り、一緒にテレビをみる事に。この感覚、まるで親戚の家に遊びに来たかのようで、何度も通いたくなります。

アットホームな雰囲気と隠れ家的な雰囲気、両方を楽しみたい方はぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

byひらぱー

拉麺 七輪
場所〒038-3634 青森県北津軽郡板柳町大字高増前田51−1
TEL0172-77-3661
時間11時00分~14時30分
17時30分~20時00分
定休日:水曜日

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅