まるごと青森

twitter facebook rss

【JOMONトーク Vol.2】みぞれの日、車いすのお客さんと(三内丸山応援隊・中村文子さん)

観光スポット 青森の人 | 2021-10-07 12:48

こんにちは、エムアイです!

今回は青森の縄文遺跡群の中核ともいえる、三内丸山遺跡に行ってきました!

お話をうがかったのは、三内丸山応援隊のボランティアガイド、中村文子さん。お客さんとの心温まるエピソードなど、印象深いお話をたくさん聞かせていただきました。

大型掘立柱建物(手前)と大型竪穴建物(奥)

― もうだいぶ長いことガイドを続けていらっしゃるそうですね。

「26年になります。長いでしょ(笑)」

― そんなに長く続けられるって、すごいです。

「でも最初はね、縄文のことなんて何も知らなかったの」

― そうなんですか?

「縄文の『じょ』の字も知らなくて(笑)」

― まあ、ふつうはそうですよね。どんなめぐり合わせで縄文と出会ったのでしょう。

「縄文との出会いねえ…三内丸山遺跡が公開された1994年。今でもよく覚えてる。現地説明会が開催されたのね。8月の6日と7日の2日間。約8,000人の見学者の1人がわたしでね。朝の9時に開く予定だったのが、あんまりたくさん人が並んだものだから、1時間はやく開いて」

― 開始時間の前倒しですか! そんなことがあったとは…

「わたしはね、会社の人に誘われて、4人くらいで行ったの。みんなで仕事さぼって(笑)。でもね、遺跡を見ても、穴だらけで何が何だかよくわからなかった。説明する人がね、遺跡の要所にいるんだけど、専門用語がたくさん出てきて、よくわからない。柱穴(ちゅうけつ)とか、言われてもね」

― ちょっとわかりにくいですよね(笑)。

初めて三内丸山遺跡に来たときは「穴だらけで何が何だかよくわからなかった」と中村さん。

「そのあと、新聞記事とか、テレビのニュースを見てるうちに、ものすごい遺跡なんだってことが少しずつわかってきて。わたしたちが小さいときに遊んでいたあの場所の下に、こんなに素晴らしい遺跡があって、5,000年前の人たちがここで生活していた、そのことに感激したの」

「どんどん関心が深まって、フォーラムに行ってみたりもしてね。あるとき、商工会議所の人が話した言葉が刺さったんです。『県庁の人だけではなく、民間でも遺跡を支えていくことが必要』ってその方が言って。民間で支えるだなんて、考えたこともなかった。これはもう素晴らしいと思って。勢いだけで飛び込んだ感じ」

― ボランティアガイドに、ですか?

「電話をかけて、ぜひガイドをやりたいんですけどって応募したの。最初は57人でスタート。1995年の春に集まって、一人ずつ自己紹介して、動機とかを話してね。中にはけっこう縄文に詳しい人たちもいるわけ。わたしなんて縄文のこと何も知らないから、逃げ出そうかと思ったくらい(笑)。でもまあ、やってダメならやめようっていう感じで」

「研修で使った本は今でも持ってます。『青森県のあけぼの』という本で、縄文全般のことが書いてあるの。研修の最後にはガイドのマニュアルも渡されて。でも、読み方すらわからない言葉もあって。石鏃(せきぞく)とか、辞書で調べて読みがなを書いたり。辞書にも載っていないような言葉もあったりしてね。あとは暗記です。とにかく暗記するしかない」

大量に出土する三内丸山遺跡の土器

― 難しい言葉が多くて大変そうですね。

「会社にマニュアルを持っていって、仕事してるふりして読んでました(笑)。赤いマーカー引いたりして」

26年前のガイドマニュアル

― ずいぶん熱心だったんですね。ガイドとしてデビューしたのは?

「デビューは1995年の7月。初めてガイドしたとき、すっごく緊張しちゃって。そのときはね、お客さんが先に遺跡で待ってたわけ。お客さんのところに行って『お待たせしました』って言ったとたん、足が震えて転んじゃったの(笑)。お客さんがマイクを拾ってくれて。もう頭のなか真っ白。ズボンは破けるし。立ち上がるときもお客さんに助けてもらって」

― 鮮烈なデビューですね。

「当時は40代の後半だったけど、ガイドをしていると、ときどき話す内容を忘れたり、頭のなかが真っ白になったりするの。そういうときはね、お客さんが励ましてくれるわけ。がんばれって(笑)」

― 場数を踏んで、だんだん慣れていったわけですね。

「今ではもう、相手に応じて言い方を変えられるようになりました。夏休みには子どもがたくさん来るんだけど、そのときは難しい言葉を使わないようにするとか。『あ、このお客さんは縄文に興味ないな』と感じたら、少しでも興味を持ってもらえるように言い方を変えたり」

― さすがベテランガイド。だいぶこなれてますね。

「そうそう、こなれてきた(笑)。でもね、26年やってるけど、いいガイドをしたなって感じたことは一度もない」

― いやいや、そんなことはないでしょう(笑)。一度も、ですか?

「うん。ああ言えばよかった、こういう話し方をすればよかったとか、考えるよね。いいガイドをしたなっていうのは、なかなかない。…あ、1回だけ、あった」

― 1回だけですか(笑)。ぜひ聞かせてください!

「あれはね、みぞれが降った12月のはじめ。年配の奥さまと旦那さまが来たんです。奥さまは車いすで。『今日はみぞれが降っていて寒いですよ』って言ったら、それでも見たいって。でも薄着なんですよ。車いすの方って、動きまわるわたしたちよりもっと寒いんじゃないかって、わたし思って。それでその方に手袋を貸したり、腰に縄文服を巻いたりして、ガイドを始めたわけ。ほかのお客さんも5、6人いたんですよ。ガイドをしながらみんなで遺跡をまわっていたら、段差がある場所とかで、お客さんたちが車いすの方を手伝ってくれて。なんだかね、みんなが一体になったようで、これってものすごく縄文っぽいなと思って、心が震えたの。お客さんと一体になって遺跡をまわって、みんなが喜んで帰った、忘れられないガイド。そうそう、その車いすの方がね、『死んだらここに埋めてほしい』って最後におっしゃって(笑)」

「わたしたちはいつも緑に囲まれてるけど、都会の人たちは遺跡の風景だけでも、癒されるのかしらねえ」と中村さん。

「ほんとうにいろんなお客さんが来るんですよ。わたしね、背中に土偶のついたパーカを着てガイドするんだけど、そんなわたしを見た都会の女子高生が『土偶が動いてる』『土偶がしゃべってる』とか言ったりして(笑)」

「権力争いがなく、権力という言葉すらなく、ただただ自然のなかで一生懸命生きてきた、そういうところかな。そういうところにひかれる」と中村さんは言う。

「あと、福島県の中学生たちが来てくれたのもいい思い出。合唱コンクールの東北大会で青森に来てたのね。ひととおり遺跡をまわって、大型竪穴建物の中でガイドが終わるんだけど、『なにか一曲歌ってください』って言ったら、先生の指揮で歌ってくれたの。20人くらいだったかなあ。男女混合で、その歌があまりにも清らかな感じがして、わたし思わず泣いちゃって。そしたら生徒さんたちも泣いて、まわりで見ていた保護者も泣いて、ということがあった。もうわけがわからないでしょ(笑)。みんな泣きながら帰ってった」

中学生たちが合唱してくれたという、大型竪穴建物の内部。

― 光景が目に浮かぶようです。三内丸山遺跡にはいろんな見どころがありますよね。中村さんにとって、とくに思い入れのある場所はどこですか?

「わたしが好きなのは、お墓のある、海に続いている道。そこに立って、目を閉じて考えるの。どんな人たちがここを通ってきたのか、どんな思いでこの遺跡に入ってきたのか…」

「あとは南盛土ね。いろんなものを捨てて、土を持ってきて整地して、数えきれないくらいの層を作り続けるエネルギーはどこから出てくるんだろうと思う。1,000年間、世代を超えて、延々と続けていたって、ほんとうにすごい話で。三内丸山の人たちがいちばんエネルギーを使っていたのは、盛土なんじゃないかな。だって建物は作ったら完成じゃない? でも盛土って…」

― ずっと終わらない?

「そうねえ。ずっと終わらない」

南盛土の断面。大量の土器や石器、土偶やヒスイ製の玉などが土と一緒に捨てられ、約1,000年をかけて丘のようになった。「建物は作ったら完成じゃない? でも盛土って…」と中村さん。

― ガイドになる前となった後で、生活はどう変わりましたか?

「自分がガイドになってから、いろんな観光地のガイドを聞くようになりました。両国のまち歩きツアーとか、江戸東京博物館とか、大阪の百舌鳥・古市古墳群とかね。都会の人たちは上手で、洗練されてる(笑)。なんだろうね、話に無駄がないっていうのかな。このガイド素敵だなと思ったら真似するようにしてる。あまり思いが強すぎるのも、意外とダメなもんだよね。サラッとしたほうがね、なんだろう、感動する。たまに県の職員がガイドするのを聞くんだけど、事実しかしゃべらないのに、異常に感激するんだよね(笑)。うまい!って(笑)。やっぱり専門職の人たちは、わたしみたいな知ったかぶりとはちがう」

― そんな謙遜しないでください(笑)。中村さんのガイドで感動した人は、ものすごくたくさんいると思いますよ。

「わたしたちはいつも緑に囲まれてるけど、都会の人たちは遺跡の風景だけでも、癒されるのかしらねえ。今の時代はね、人の心が、どうもね。みんな将来が見えなくて、不安なのかなあ。原点に返りたいという気持ちがあるから、遺跡に来てくれるのかなあ」

「わたしたちガイドは1時間でまわらなきゃと思うから、ときどき駆け足になっちゃうんだけど、お客さんって絶対急がないわけ。ゆったりした環境で、ゆったりとガイドするのが大切なのかも。縄文の雰囲気に合わせて、静かに、ゆっくり」

― 縄文と中村さんの生活は、切っても切り離せないものになっていますね。

「縄文の『じょ』の字も知らないところから始まって、ガイドを26年やって、いまはもう生活のほとんどいつも、寝ても覚めても縄文のことを考えるようになっちゃった(笑)。奈良の法隆寺に行っても、国宝の仏像がしゃこちゃん(遮光器土偶)に見えるんですもの。ハンパないでしょう(笑)」

― 中村さんの縄文にたいする思いは深くて、複雑で、とても一言では表せないものだと想像するのですが、あえて質問させてください! 中村さんにとって、縄文とはなんですか?

 

(しばし沈黙…)

 

「…縄文は、生きる力。わたしの人生の後半は、三内丸山が培ってくれた。縄文と出会ったことで、やさしくなれたと思う。縄文、三内丸山のおかげ」

― 最後に、これを読んでいる方に向けてメッセージをお願いします。

「…縄文はね、あなたのね、心のふるさとだよといいたい。だから、ぜひ遺跡に来て、感じとってほしいです」

― 中村さん、素敵なお話をありがとうございました!

 

by エムアイ

三内丸山遺跡センター
場所青森県青森市三内字丸山305
TEL017-766-8282
FAX017-766-2365
時間9:00~17:00
料金大人410円(330円)、高校生・大学生等200円(160円)、中学生以下無料 ※( )は20名以上の料金
Webサイト特別史跡「三内丸山遺跡」

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅