まるごと青森

twitter facebook rss
_MG_1878.CR2 _MG_1878.JPG _MG_1879.CR2 _MG_1879.JPG _MG_1880.CR2 _MG_1880.JPG _MG_1881.CR2 _MG_1881.JPG _MG_1881.xmp _MG_1882.CR2 _MG_1882.JPG _MG_1883.CR2 _MG_1883.JPG _MG_1884.CR2 _MG_1884.JPG _MG_1885.CR2 _MG_1885.JPG _MG_1886.CR2 _MG_1886.JPG _MG_1887.CR2 _MG_1887.JPG _MG_1888.CR2 _MG_1888.JPG _MG_1889.CR2 _MG_1889.JPG _MG_1890.CR2 _MG_1890.JPG _MG_1892.CR2 _MG_1892.JPG _MG_1893.CR2 _MG_1893.JPG _MG_1894.CR2 _MG_1894.JPG _MG_1895.CR2 _MG_1895.JPG _MG_1896.CR2 _MG_1896.JPG _MG_1897.CR2 _MG_1897.JPG _MG_1898.CR2 _MG_1898.JPG _MG_1899.CR2 _MG_1899.JPG _MG_1900.CR2 _MG_1900.JPG _MG_1901.CR2 _MG_1901.JPG _MG_1902.CR2 _MG_1902.JPG _MG_1903.CR2 _MG_1903.JPG _MG_1904.CR2 _MG_1904.JPG _MG_1905.CR2 _MG_1905.JPG _MG_1906.CR2 _MG_1906.JPG _MG_1907.CR2 _MG_1907.JPG _MG_1908.CR2 _MG_1908.JPG _MG_1909.CR2 _MG_1909.JPG _MG_1910.CR2 _MG_1910.JPG _MG_1911.CR2 _MG_1911.JPG _MG_1912.CR2 _MG_1912.JPG _MG_1913.CR2 _MG_1913.JPG _MG_1914.CR2 _MG_1914.JPG _MG_1915.CR2 _MG_1915.JPG _MG_1916.CR2 _MG_1916.JPG _MG_1917.CR2 _MG_1917.JPG _MG_1918.CR2 _MG_1918.JPG _MG_1919.CR2 _MG_1919.JPG _MG_1920.CR2 _MG_1920.JPG _MG_1921.CR2 _MG_1921.JPG _MG_1922.CR2 _MG_1922.JPG _MG_1923.CR2 _MG_1923.JPG _MG_1924.CR2 _MG_1924.JPG _MG_1925.CR2 _MG_1925.JPG _MG_1926.CR2 _MG_1926.JPG _MG_1927.CR2 _MG_1927.JPG _MG_1928.CR2 _MG_1928.JPG _MG_1929.CR2 _MG_1929.JPG _MG_1930.CR2 _MG_1930.JPG _MG_1931.CR2 _MG_1931.JPG _MG_1932.CR2 _MG_1932.JPG _MG_1933.CR2 _MG_1933.JPG _MG_1934.CR2 _MG_1934.JPG _MG_1935.CR2 _MG_1935.JPG _MG_1936.CR2 _MG_1936.JPG _MG_1937.CR2 _MG_1937.JPG _MG_1938.CR2 _MG_1938.JPG _MG_1939.CR2 _MG_1939.JPG _MG_1940.CR2 _MG_1940.JPG _MG_1941.CR2 _MG_1941.JPG _MG_1942.CR2 _MG_1942.JPG _MG_1943.CR2 _MG_1943.JPG _MG_1944.CR2 _MG_1944.JPG _MG_1945.CR2 _MG_1945.JPG _MG_1946.CR2 _MG_1946.JPG _MG_1947.CR2 _MG_1947.JPG _MG_1948.CR2 _MG_1948.JPG _MG_1951.CR2 _MG_1951.JPG _MG_1952.CR2 _MG_1952.JPG _MG_1953.CR2 _MG_1953.JPG _MG_1954.CR2 _MG_1954.JPG _MG_1955.CR2 _MG_1955.JPG _MG_1956.CR2 _MG_1956.JPG _MG_1957.CR2 _MG_1957.JPG _MG_1958.CR2 _MG_1958.JPG _MG_1959.CR2 _MG_1959.JPG _MG_1960.CR2 _MG_1960.JPG _MG_1961.CR2 _MG_1961.JPG _MG_1962.CR2 _MG_1962.JPG _MG_1963.CR2 _MG_1963.JPG _MG_1964.CR2 _MG_1964.JPG _MG_1965.CR2 _MG_1965.JPG _MG_1966.CR2 _MG_1966.JPG _MG_1967.CR2 _MG_1967.JPG _MG_1968.CR2 _MG_1968.JPG _MG_1969.CR2 _MG_1969.JPG _MG_1970.CR2 _MG_1970.JPG _MG_1971.CR2 _MG_1971.JPG _MG_1972.CR2 _MG_1972.JPG _MG_1973.CR2 _MG_1973.JPG _MG_1974.CR2 _MG_1974.JPG _MG_1975.CR2 _MG_1975.JPG _MG_1976.CR2 _MG_1976.JPG _MG_1977.CR2 _MG_1977.JPG _MG_1978.CR2 _MG_1978.JPG _MG_1979.CR2 _MG_1979.JPG _MG_1980.CR2 _MG_1980.JPG _MG_1981.CR2 _MG_1981.JPG _MG_1982.CR2 _MG_1982.JPG _MG_1983.CR2 _MG_1983.JPG _MG_1984.CR2 _MG_1984.JPG _MG_1985.CR2 _MG_1985.JPG _MG_1986.CR2 _MG_1986.JPG _MG_1987.CR2 _MG_1987.JPG _MG_1988.CR2 _MG_1988.JPG _MG_1989.CR2 _MG_1989.JPG _MG_1990.CR2 _MG_1990.JPG _MG_1991.CR2 _MG_1991.JPG _MG_1992.CR2 _MG_1992.JPG _MG_1993.CR2 _MG_1993.JPG _MG_1994.CR2 _MG_1994.JPG _MG_1995.CR2 _MG_1995.JPG _MG_1996.CR2 _MG_1996.JPG _MG_1997.CR2 _MG_1997.JPG _MG_1998.CR2 _MG_1998.JPG _MG_1999.CR2 _MG_1999.JPG _MG_2000.CR2 _MG_2000.JPG _MG_2001.CR2 _MG_2001.JPG _MG_2002.CR2 _MG_2002.JPG

もう食べた?リニューアルした「青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」&「青森味噌カレーミルクラーメン」

グルメ 特産品・お土産 | 2021-12-02 11:00

東洋水産の「日本うまいもん」シリーズとして発売されている、青森県を代表するご当地ラーメン「青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」と「青森味噌カレーミルクラーメン」が新しくなりました。
激にぼ_商品パッケージ
味噌カレーミルクラーメン_商品パッケージ
今回のリニューアルでは、「生麺ゆでてうまいまま製法」の麺(皆さんご存知の「マルちゃん正麺」の麺)に改良し、更に美味しくなりました。また、カップも大口径カップに変更したことで、より高級感のある一品に仕上がっています。生麺ゆでてうまいまま製法

青森津軽煮干しラーメン激にぼは、青森市内にある「長尾中華そば」「出し屋 五丈軒」「中華そば ひらこ屋」「原食堂」「高長まるしげ」「中華そば 田むら」、浪岡町の「サンライズ食堂」五所川原市の「丸山ラーメン」からなる「津軽ラーメン煮干し会」の監修を受けており、煮干しラーメンの味を再現しています。
マルちゃん_青森津軽にぼしラーメン激にぼ
煮干しの風味が利いた青森津軽煮干しラーメンをカップ麺で再現したもので、『濃厚煮干しスープ』がクセになります。マルちゃん_青森津軽にぼしラーメン激にぼ_箸上げ

今回「生麺ゆでてうまいまま製法」の麺になったことで、麺の小麦粉がお湯に溶け出し、お粥状態になり、煮干し会の店主たちがこだわり抜いた濃厚煮干しスープと絡みます。その努力の成果で、初めて煮干しラーメンを食べる人でも美味しく食べられる、やみつきの旨さを実現しています。

これは、絶対に食べるしかありません!

続いて、青森味噌カレーミルクラーメンは「青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会」が公認したもので、青森市のソウルフードで、青森市内に展開している「味の札幌 大西」を中心とした系列店舗で出される人気のメニュー「青森味噌カレー牛乳ラーメン」を再現したものです。味噌カレーミルクラーメン_お湯入れ生麺のような口当たりが特徴の麺に合わせるのは、赤と白の合わせ味噌と豚骨の旨味をベースに、生姜とガーリックを効かせたコクのある味噌スープです。そこにバターの風味と粉乳のミルク感でコクを加え、カレー粉の風味でインパクトを出し、粗挽き唐辛子がピリッとした辛さを与えています。味噌カレーミルクラーメン_箸上げ味噌とカレー、ミルクとバターが絶妙のバランスで、とても味わい深いコクのある旨さが表現されています。

ここでおすすめです。お好みで牛乳を加えてみてください。私は大さじ3杯牛乳を入れてみました。味噌カレーミルクラーメン_牛乳牛乳を入れることで全体のバランスが整い、マイルドになる感じがして、個人的にはとても好きです。

こちらも、やみつきになるラーメンですね!

日常で、定期的に食べたくなるラーメンなので“箱買い”したくなりますが、どちらも、お土産にもぴったりな一品です。是非、お歳暮にもいかがでしょうか。

それでは、最後に一言。

カップ麺なれど、侮ることなかれ!

 

by  トリッキー

 

東洋水産
料金青森津軽煮干しラーメン 激にぼ 260 円(税抜価格)
青森味噌カレーミルクラーメン 260 円(税抜価格)
Webサイト東洋水産

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅