まるごと青森

twitter facebook rss

弘前さくらまつりとその周辺で桜ハンティングの旅!

グルメ 観光スポット イベント・まつり | 2022-04-23 21:08

待ちに待った弘前さくらまつりが始まりました!
今年の冬は雪が多かったので、いつも以上に待ち焦がれていました。

まつり期間は4月23日~5月5日ですが、今年は桜の早咲きに合わせて4月19日から22日まで準まつり体制となっています。

入場する際は感染対策として、消毒や検温を済ませ、代表者の連絡先を記入します。

この日は園内の桜は五分咲きとのことでしたが、陽が当たる場所はかなり開花が進んでいます。

五分咲きでこれくらい。

ひと口に桜といっても種類が豊富で、ピンクの種類もいろいろです。

一周約2時間とのことですが、どこもかしこもフォトジェニックで、とても2時間では味わいつくせません!

こちらは2015年の「曳家」により、現在は仮住まいに収まっている弘前城天守。桜がよく似合います。

さて、園内には「石垣普請番屋」という小さな施設があり、その中では石垣がどのように積まれているかなど、発掘調査成果が展示されています。

ふむふむ…、切り出した大きな石の後ろには小さな石が詰まれていて、それで固定されているんですね。 

この石垣普請番屋からは、弘前城跡本丸石垣積み直し現場を見学することができるのですが、同じところから弘前城も望めます。
ちょうど桜の枝がフレームのようにお城を囲んでいるので、隠れフォトスポットかもしれません。「弘前城」と書かれたピンクの看板も手前に写るので、おみやげ写真にぴったり。

天気がいいと岩木山も絶景です。

さくらまつりといえば外せないのが屋台ですね。
3年ぶりの出店で話題になった、老舗の三忠食堂さんに入ることにしました!

中はお客さん同士が対面しないような配置になっています。
さあ、初めて三忠食堂の津軽そばをいただきます!
手前は同行してくれたえびマヨさんの頼んだ玉子入りそば。奥が私の天ぷら入りそばです。

素朴な見た目に癒されながらつゆをすすると、優し~い出汁の味わいがお腹に沁みます…!
はあ~しみじみとおいしい。
時間をかけて熟成させて作るという軟らかい麺がよく合います。

おいしい出汁の正体は、この「焼き干し」でした。
頭と内臓をとってから炙るので、苦みやえぐみがまったくありません。
このままポリポリと絶品のおつまみになります!

気づいたらつゆまで完食でした。
ごちそうさまでした!

 

食後のデザートはすぐ側でお店を出していたカランカランアイスに決定です。
青森市出身の私は「チリンチリンアイス」派なのですが、郷に入っては郷に従えということで、カランカランアイスと呼んでおきます。

この屋台の並びがおまつり気分を盛り上げます。

こちらは日本一幹の太いソメイヨシノ。
場所は園内の三の丸北側の緑の相談所中庭です。推定樹齢は100年以上とされ、どっしりとした佇まいには神々しさを感じます。

この日は天気がとてもよくて風もなく、外で写真撮影するには絶好の日でした。
どうしたらこの桜をより美しく撮れるか?と考えながら、シャッターを押す手が止まりません!
もはや
気分は「桜ハンター」です。

桜ハンターお気に入りの一枚です。
「花筏(はないかだ)」が絶景として有名なお堀ですが、水面に映る桜並木は、花が散る前の今だからこそ楽しめる景色です。
とは言いつつ、花筏も待ち遠しいですね。

調子に乗って、弘前公園の外でも楽しめる「桜」を探しに出かけました。

まずはこちら、弘前市石渡の三浦酒造さんの日本酒、その名も「豊盃 純米吟醸 花筏」です。
昨年から販売が始まった季節限定品です。
その名のとおり、水面にたゆたう桜の花びらを思わせる、美しいラベルが目を引きます。
春らしい香りと爽やかな味わいが特長とのこと。気さくに取材と写真撮影に応じてくださった三浦社長。
「弘前の風物詩を商品にしました。本当は桜の下で飲んでもらうのが一番ですが、今年はさくらまつりでの飲酒はできないので、桜を思い浮かべながらそれぞれ楽しんでいただけたら」とのことでした。 

続いては弘前市百石町のパティスリーヴェルジェさんの桜スイーツです。
紙袋も桜模様でテンションが上がります!

桜のシフォンケーキ。桜がほんのりと上品に香ります。
桜風味のドーナツ、桜の葉を模したリーフパイ、「HIROSAKI桜桜(さくらざくら)」というブッセです。全ておいしくいただきました。

駅に向かって歩いていくと、さすがこの時期の弘前市、あちこちで桜モチーフの装飾を見かけました。
桜ハンターとしては見逃せません!一度にご紹介します。

工事中の三の丸追手門で見かけたパネル。ヘルメット姿のたか丸くんがかわいい!
追手門口から出たところと、弘前市民中央広場付近で見かけた「桜ミク」の大きなパネル。

 

広場の装飾。商店街も桜でデコレーションされています。
イトーヨーカドーさん前の案内板の裏側。車道側からじゃないと桜模様が見えない奥ゆかしさ。
注意書きも桜模様!風流です。
駅構内のコインロッカーにも桜を発見しました。どれを使うか迷っちゃいそう!

ということで、桜尽くしの1日となりました。
これからまだ満開や花吹雪も楽しめるというのが贅沢です!
皆さんもお花見のおみやげに、桜のお酒やスイーツ、写真をお持ち帰りしてはいかがでしょうか。

(おまけ)桜を探しまくっていたら、これすら桜に空目するありさまです。

byぺすか

公益社団法人 弘前観光コンベンション協会
場所青森県弘前市大字下白銀町2-1 弘前市立観光館内
TEL0172-35-3131
FAX0172-35-3132
時間令和4年度弘前さくらまつり準まつり体制期間 2022年4月19日(火)~4月22日(金)
令和4年度弘前さくらまつり会期 2022年4月23日(土)~5月5日(木祝)
Webサイト弘前さくらまつり(弘前観光コンベンション協会)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅