まるごと青森

twitter facebook rss

野瀬泰申の「青森しあわせ紀行⑤」

グルメ 観光スポット 温泉・宿泊 | 2022-08-26 11:00

6月。

前日、佐井村漁協を訪ねた折、漁業カレンダーを見せてもらった。主なものだけ紹介する。1月=マダラ、2月=メバル、アンコウ、ムシガレイ、4月=ヤリイカ、ウニ、5月=マダイ、ウニ、6月=ブリ、7月=ヒラメ、8月=ホヤ、コンブ、9月=本マグロ、カサゴ、11月=アワビ、秋サケ、12月=ミズダコ。

暖流の対馬海流と寒流の親潮が流れ込む津軽海峡では、日本海の魚と太平洋の魚が両方捕れる。そのせいで魚種の多さには目を見張るものがある。ウニを含め、年間を通してとれたての海の幸を味わいたいなら、下北半島はうってつけの場所だろう。今回は素通りしたが、大間町の食堂や居酒屋、半島に点在する温泉旅館などが狙い目ではないか。

大間の海鮮丼

さて旅の最終日を迎えた。まずは午前中、恐山に向かう途中にある「むつ矢立温泉」に行った。キャンプ場やバーベキュー広場などを備えたレジャー施設で、温泉旅館の風呂が立ち寄り湯になっている。

むつ矢立温泉

450円を払って浴室のドアを開ける。真ん中に柱がある大きな湯船から盛大に湯気が立ち上っている。先に浸かっていた同行のTさんが「あちっ」と言って上がった。「熱いですか?」「熱いです」。熱い湯が苦手な私は、そっと湯に身を沈めたが10秒で決着がついた。「熱―」。

この温泉は湯温が高いことで知られている。係の人が入ってきて水を足し、湯もみを始めた。浴室の隅に水を張った白い家庭用バスタブが2つ並べて置いてある。火照った体を冷やすためで、サウナの水風呂みたいなものだ。お湯が絶えず湯船からあふれ出ている。床に横になれば、いわゆる「寝湯」になる。トド寝にはもってこいではないか。

むつ矢立温泉の足湯

不思議なことにお湯から上がっても、体は湯気に包まれてじんわり火照ったままだ。周りを見ると、特になにもせずに座っている人が何人かいる。低温サウナを楽しんでいるのだろうか。

汗が引くのを待たず、街中に車を走らせた。目指すは「美味小屋(うまごや) 蛮」だ。店内は無駄な装飾もなく品よく設えられている。

美味小屋 蛮

店主が水を持ってきた。「アラン・ドロンカレーをお願いします」。店の片隅で背を向けている若い女性が食べているのはアラン・ドロンカレー。次にやって来たカップルもアラン・ドロンカレーを注文した。店主に尋ねた。「もう何百回も同じことを聞かれたと思いますが、アラン・ドロンカレーの由来は何ですか?」。すると店主はマスクの上の目を笑顔にして「どなたに聞かれても、食べてみればわかりますとお答えしています」と言った。

ほどなくそのカレーが登場した。カレールーの海に浮かぶ純白のライスの島。その上に丸いメンチカツがのっている。メンチカツにナイフを入れたら、「あらっ」と思った次の瞬間、中からチーズが「どろん」ととろけ出してきた。

あらん、どろん!カレー

もう40年近く前に店のまかないから表のメニューになったというが、スパイスの配合といいメンチとチーズの組み合わせといい、歳月を感じさせないどころか新鮮ですらある。サラダがついて1200円。

トイレに入ると、この店を取り上げた地元紙の切り抜きが張ってあった。アラン・ドロンカレー命名の事情が記されている。だが、ここで書くと完全なネタバレになってしまうので、我慢して書かないことにしよう。

旅は終わった。九州生まれの私にとって下北半島は地図上の存在でしかなかった。しかしわずか2日とはいえ、実際に風土と人々に接したことで記憶の地図の一部になった。

下北半島に行けたしあわせ。

(了)

 

野瀬泰申(のせ・やすのぶ)
<略歴>
1951年、福岡県生まれ。コラムニスト。元日本経済新聞特任編集委員。著書に「天ぷらにソースをかけますか?」(ちくま文庫)、「食品サンプルの誕生」(同)、「文学ご馳走帖」(幻冬舎新書)など。

 

あわせて読みたい記事
野瀬泰申の「青森しあわせ紀行①」
野瀬泰申の「青森しあわせ紀行②」
野瀬泰申の「青森しあわせ紀行③」
野瀬泰申の「青森しあわせ紀行④」

 

美味小屋 蛮
場所むつ市大湊新町16-2
TEL0175-29-3347
Webサイト美味小屋 蛮

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅