まるごと青森

twitter facebook rss

列車がまるまるレストラン!TOHOKU EMOTIONで極上のひと時を

グルメ 観光スポット 体験 | 2022-10-13 17:00

TOHOKU EMOTION(東北エモーション)をご存じですか?
JR八戸線の八戸-久慈間を走るレストラン列車のことで、海岸沿いの景色やおいしい料理による極上の時間を味わえるんです。
2013年に運転が開始され、来年で10周年を迎えます。
毎年のようにリピートしている大ファンの私ぺすかが、魅力をお伝えしますね!

1.人気シェフによる特別メニュー
列車内で提供される料理はオリジナルメニュー。1年にシェフは2回、メニューは4回変わるので、何度乗っても新鮮な気持ちで味わえます。
今年はちょうど下半期のシェフにバトンタッチしたところ。東北の食材を使用した絶品フレンチコースが楽しめます!
なお、復路ではデザート&オードブルが提供されます。

2.海岸沿いの美しい景色
種差海岸をはじめとした絶景を堪能できます。
途中、地域の有志の方による「おもてなし」があることも。お見逃しなく!
車内には2名席、3名席、個室の4名席がありますが、海側を向いているのは3名席と4名席。海岸の風景を満喫したい方は、ぜひ3名以上で申し込むことをおすすめします。


3.東北愛に溢れる内装

インテリアをよく見ると、東北の伝統工芸をモチーフにした模様があちこちに!
絨毯は青森のこぎん刺し柄、壁は福島の刺子織模様、照明は岩手の琥珀をイメージ…といった具合です。
ほかにもいろいろ隠されていますので、探してみてくださいね。

ところで今回ふと気づいたのが、使われているグラスの種類が変わったこと。以前は落としても割れないような軽い素材だったんですが、ガラス製に変更されています。
スタッフの方に尋ねてみたところ、
「2020年から順次変えているんです。TOHOKU EMOTIONの安全性が認められたことと、飲むときの口当たりを考慮したことが理由です。」
とのこと。確かに、お酒がよりおいしく感じたのはそのためかも!
まだまだ語り足りないほど魅力たっぷりのTOHOKU EMOTION、なお進化を続けているんですね。
次の旅行は優雅なレストラン列車の旅、いかがですか?

By ぺすか

時間往路:八戸駅11:06~久慈駅13:02着
復路:久慈駅14:18発~八戸駅16:01着
料金往路/八戸→久慈(ランチコース):8,600円(子ども8,000円)
復路/久慈→八戸(デザートビュッフェ):5,100円(子ども4,500円)
WebサイトTOHOKU EMOTION(JR東日本)
その他金曜日、土曜日、日曜日、月曜日、祝日を中心に、1日1往復の運転が基本です。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅