まるごと青森

twitter facebook rss

アート列車(前編)

観光スポット イベント・まつり | 2022-11-07 11:00

フードカメラマンの福田栄美子です。

2022年9月14日(水)から、弘前れんが倉庫美術館、弘南鉄道弘南線の車両および主要駅他にて、『青森をアートでたどるプロジェクト 原 高史〈AOMORI MAPPINK MEMORY 「記憶の未来」〉』が開催されていると聞き、弘南鉄道弘南線をピンクのタイムマシンに見立てたアート列車に乗るため、再び弘前市に降り立ちました。

実は私が動画制作に携わった「木谷節子の美術展に行っていました」で、弘前れんが倉庫美術館のご紹介をしたばかりで、ご縁とは続くものだなぁ、なんて呟きつつ美術館へ向かいました。

以前取材した美術館のご案内動画はこちら↑↑↑

この日は美術館前の広場でイベントが行われており、芝生にテントなどが張られ、大賑わいを見せていたので、外観が見えづらかったこともあり、こちらは美術館から借りた画像ですが、美術館の窓がMAPPINK に彩られ、ここから原高史さんの世界観は始まっていました。

れんが倉庫美術館2F ライブラリーでは、地域の人たちにインタビューした映像作品が見られるので、まずはこちらの展示鑑賞からスタートするのがおすすめです。

会期中は、アート列車の乗車や、沿線エリアへの周遊にお得な特典がついたピンク色の一日乗車券MAPPINK TICKET と、近隣のおすすめスポットをまとめた特別冊子MAPPINK BOOK がセットになった「わのパスMAPPINK TICKET」をCAFE & RESTAURANT BRICK(弘前れんが倉庫美術館カフェ・ショップ棟)で販売しているので、ここでゲットしてください。

なんとこの乗車券には弘前れんが倉庫美術館の100 円割引券や、盛美園の入場料、鳴海醸造店でのお猪口プレゼント(大人のみ)特典が付いており、価格は、大人券(中学生以上)¥1,100(税込)。
弘南鉄道弘南線の駅窓口(弘前/弘前東高前/平賀/津軽尾上/黒石)でも購入可能です。という事で、早速弘前駅に移動。いざ黒石へ!


JR弘前駅津軽ラウンジ内でも映像作品や絵画作品が観られます。

おおおおぉ!いよいよ改札からMAPPINK プロジェクトの旅が始まります!
チケットを差し出すと日付のスタンプを押してくれて一日乗車券のはじまりはじまり。

まごうことなくMAPPINK の世界へ。アート列車の1両目は原さんの作品ですが、もう1 両は原さんと青森県立黒石高等学校情報デザイン科とのコラボ展示がされていました。高校生で著名なアーティストとのコラボを体験できただなんて!良い記念になりますね。

列車の窓には世界で起きた象徴的な出来事があった年号が書かれていて「過去」と「今」、そして「未来」の自分を行ったり来たりすることができます。年号を見ると、その時過ごしていた風景や一緒にいた人の顔が、私の頭の中にもランダムに頭に浮かんでいくのがとっても不思議で、原さんの世界観にどっぷりとハマっていました。

弘南鉄道の車窓から見える田園風景はいつまでも変わらないと思っていたけど、きっとここに過ごしている人たちには季節ごとの景色や、過去の景色が頭をよぎっているに違いない、なんてことを想いながら電車に揺られる人たちを目を細めて見てしまう福田でした。

さて、せっかくなので途中下車の旅を楽しんでみる事にしました。毎日が忙しすぎて、ふらっと電車を降りて旅先の偶然の出会いを楽しむ!なんて事を全くやってない福田にはとても新鮮な体験です。「MAPPINK BOOK」冊子の情報を頼りに気になる所で降りてみました。

弘南鉄道津軽尾上駅

1,100 円のチケットを存分に使わねば。と、先ずは入園料も含まれているという「MAPPINK TICKET」を握りしめ、津軽尾上駅から盛美園へ。盛美園は津軽地方に400-450 箇所もみられるという、古神道文化の手法を取り入れた大石武学流を代表する池泉枯山水廻遊式庭園で、明治35 年から9 年も費やして3,600 坪の庭園を整備したそうです。

ガイドをしてくれた桑田悟博(くわたのりひろ)さん。
25 体の菩薩が宿っているという遠山石(えんざんせき)を差しながら、この庭の構成を熱く語ってくれました。

庭の正しい拝見の作法について全く分からなかったのですが、桑田さんの説明がとても面白くて、色々と質問していたら、気付けば2時間も解説を聞き入ってしまいました(笑)

贅を尽くした床の間には黒檀、紫檀、白檀など沢山の種類の木が使われ、一階は和室、二階は洋室と、判然異なった様式が上下にある建物は他に例はなく、文明開化を象徴したような建物でした。

「アート列車(後編)」へ続く。

 

フードカメラマン福田栄美子

 

あわせて読みたい記事
巨大フジツボ様に恋をしました。

弘南鉄道株式会社
場所青森県平川市本町北柳田23-5
TEL0172-44-3136
Webサイト青森をアートでたどるプロジェクト 原 高史〈AOMORI MAPPINK MEMORY「記憶の未来」〉

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅