まるごと青森

美しい白子も入った「シモフリシメジを加えたタラ鍋」

野瀬泰申の「青森しあわせ紀行 その4②」

観光スポット 温泉・宿泊 イベント・まつり グルメ 特産品・お土産 | 2023-03-08 10:30

ちびっこラーメンと謎のスナック

2023年1月28日(土)

黒石に向かう弘南鉄道に乗った。弘南鉄道は今年、開設95周年。頑張っているなあ。

津軽尾上駅で降り、歩いてすぐの「大和温泉」に向かった。青森県に来たら温泉銭湯。これは旅の鉄則だ。

温泉銭湯「大和温泉」

入浴料は400円だが、650円の「手ぶらセット」をお願いする。大小のタオル2枚にボディソープ、シャンプー、リンスが入った小さなボトルが3本ついている。ボトルのキャップに「ボ」「シ」「リ」と書いてあるのがかわいい。

昭和な時間

ロビーの奥に真正昭和のマッサージチェアがあった。

「動くんですか?」

「動きますよ。料金は20円です」

壁の上の方には歴代の料金表が並んでいる。昭和44年の大人料金は33円。47年に40円に上がった。49年に70円になり、令和5年の今年が400円。プラスチックの箱の中のリンゴは4個で100円だ。

50年以上の入浴料の歴史

湯船は小さめだが、隅のパイプから温泉がこんこんと湧き出ている。正真正銘の源泉かけ流し。湯温も熱からずぬるからずで、いつまでも浸かっていられる。ちょうど高校生の一団がアクティブに入浴中だった。彼らが脱衣所に消えた後、ゆっくりと体を洗い、もう一度お湯を楽しんで浴室を出た。

すると杖をついた男性がゆっくりと浴室に向かい、息子らしい中年の男性が、専用の椅子を持って追いかけた。高校生は合宿のため、たまたまこちらに来ていたそうだ。老人とその息子の方が、普段の情景に近いのではないか。温泉銭湯は地域社会の支えでもある。

次いで黒石駅へ。駅前を車が行き来しているのだが、降り積もった雪が音を吸収するせいか、妙に静かだ。

美味しいコーヒーには美味しいアップルパイも

歩いてすぐの「BOCOLABO」でコーヒーを飲んだ。弘前のケーキ店「ボンジュール」と青森の「COFFEE  COLORS」のコラボ店だそうだ。その朝飲んだホテルのコーヒーが美味しくなかったので、豆を挽いてからいれるここのコーヒーはありがたかった。

この店で平川市民の方々と合流して地元の食堂「味助」に向かう。ラーメンと焼きそばを食べることになっている。店はちょうど昼時で、カウンターまで一杯だった。小学校3,4年生と見える10人ばかりの少女たちが親と一緒にラーメンを食べていた。全員が赤いユニフォームを着ている。何かのスポーツの練習帰りのようだ。ラーメンはごほうび、ラーメンはご馳走。自分の頭より大きな丼に顔を突っ込むようにして麺をすする少女たちが、そう言っているようだった。

席が空いた。

「ラーメン!」

「焼きそば、太麺!」

「こっちもラーメン!」

「細めんの焼きそばね」

次々に注文の声が挙がる。私はラーメンをいただくことにした。

子供たちも大好きな煮干しラーメン

茶色く濁った煮干しのスープにメンマ、チャーシュー、モヤシとネギ。そして津軽ではお約束の麩が入っている。福岡県久留米市出身の私は大学進学で東京に出てくるまで、豚骨以外のラーメンがあるとは思っていなかった。先ほどの少女たちにとってラーメンは当然煮干しであって、味噌や醤油、塩味のラーメンを知らないだろう。どこかの土地に行って煮干しではないラーメンの存在を知ったら驚くに違いない。

極細麺と極太麵のやきそば

この店のラーメンと並ぶ名物が焼きそばだ。それも太麺と細麺がある。私はラーメンで満腹になったので、焼きそばは味見程度しか口にしなかったが、目の前の平川市民は富士山のように盛られた焼きそばの大盛りをぺろりと平らげた。

食後、猿賀神社へ。鳥居に雪が積もっている。この日は何かの催しがあって餅播きが執り行われたのだが、それには間に合わなかった。餅播きのための足場が数カ所残っていて、そこから人々の歓声が聞こえるようだった。

美しい庭園「盛美園」

近くの国指名勝になっている和洋折衷建築物「盛美園」の所有者、清藤家を訪ね、特別に内部を拝見した。見事なものであった。

続いてシードル(リンゴ酒)の醸造所へ。銘柄を「クレイジー・サイダー」という。最近、長野県でシードル醸造が盛んになり、メディアに取り上げられることが多くなったが、青森県でものその機運が高まっている。なにしろ津軽は全国一のリンゴ産地だ。

隅々まで清潔に保たれた醸造所は思ったより小ぶりだった。しかし醸されるシードルの味わいはきりっとしていて「これはいける」と思わせた。3種類のシードルを買い求め、東京に戻って飲んでみたのだが、チーズやハム、ベーコン、オイルサーディンなどと相性がよかった。スペインのおつまみ「ピンチョス」のイメージだ。平川のピンチョス、略して「平ピン」などがあればいいのに。

雪景色に浮かぶ明かりの農家蔵

夕方になって尾上地区の農家蔵ライトアップの会場に行った。道路からよく見える場所に建てられた蔵の数々を道路側からライトアップしている。この日だけのイベントだ。あいにくの雪で人の姿はまばらだったが、雪明り、白壁、見越しの松は詩情をたたえていた。

台湾との友好のあかし

平賀駅前に移動して「ひらかわイルミネーション・プロムナード」を見学した。駅前に吊るされたたくさんの台湾提灯が美しい。これは絵になる。わざわざ写真を撮りに訪れる人が多いのもうなずける。

さてと、夜になった。地元の方からは「郷土料理を食べます」と聞いていた。ところが向かった店には「スナック いっき」の看板が掲げられている。スナックというと6,7人が座れるカウンターと、テーブルがあっても2つ3つだろう。そんな店で郷土料理? どういうこと?

少し怪しげな「スナックいっき」

「スナック いっき」で津軽の郷土料理を食べるというコンセプトが腑に落ちなかった私だが、店内に入るとすぐに腑に落ちた。左手にスナックそのもののカウンターがあり、右手は座敷になっていた。スナック需要と宴会需要の双方に応える造りだ。

もち米が個性的で美味な「アミタケと根曲がり竹の飯寿司」

座敷のテーブルにはすでに料理が所狭しと並んでいる。ママさんがキノコと山菜取りの名人で、料理にはそれらがふんだんに使われている。

贅沢な刺身「ホタテとカニ爪」

「アミタケと根曲がり竹の飯寿司」「ナメコ、サモダシ、シモフリシメジが入ったけの汁」「アブラザメの田楽とサメの和え物にバイガイ」「ホタテとカニ爪」「シモフリシメジを加えたタラ鍋」。どれも一級品の手料理で、酒が進む。

美しい白子も入った「シモフリシメジを加えたタラ鍋」

一同が驚きの声を挙げたのは、料理が大方片付いたころだった。何の予告もなく大きな皿が登場した。

「これは?」

「干し柿バター。レーズンの代わりに干し柿を使ってみたの」

勧められるまま、揚げた南部せんべいに干し柿バターをのせて口に運ぶ。美味い。レーズンバターより、こっちの方が美味い。

「どれどれ」

「私も」

というような声とともに、干し柿バターと南部せんべいはすぐに消えてしまった。ママさんが傍らで微笑んでいる。スナックの定番おつまみになるのではないか。

絶品の干し柿バター

気が付くと目の前に白っぽい粉が入った袋があった。表に「ずんだ」と印刷した紙が貼ってあり、裏返すと「大豆の粉」とあった。しばらくしてやっと気が付いた。弘前の「甚平」で「うちの津軽そばのつなぎはずんだ」と聞いたとき、ずんだ餅のずんだ、つまり枝豆と思ったのだが、津軽では大豆の粉をずんだと呼ぶのか。ならば「甚平」の津軽そばは正統津軽そばであったかもしれない。食べてみるべきだった。

甚平の正統派「津軽そば」

問題はなぜ私の眼前に「ずんだ」が登場したのか覚えていないことだ。ママさんに「最近の津軽そばは枝豆のずんだを使うんですか?」などと質問し、その問いに答えるため厨房にあったずんだを持って来てくれたのだろうか。メモもしていなければ、写真も撮っていない。宴もたけなわになって、場はカオス状態。私は酒を飲むと酔っぱらう癖があるが、当時その癖が出ていたようだ。

ともかく「津軽のずんだは大豆の粉」ということを知って、少しうれしかった。

 

野瀬泰申(のせ・やすのぶ)
<略歴>
1951年、福岡県生まれ。コラムニスト。元日本経済新聞特任編集委員。著書に「天ぷらにソースをかけますか?」(ちくま文庫)、「食品サンプルの誕生」(同)、「文学ご馳走帖」(幻冬舎新書)など。

 

あわせて読みたい記事
野瀬泰申の「青森しあわせ紀行①」シリーズ(①〜⑤)

野瀬泰申の「青森しあわせ紀行 その2①」シリーズ(①〜③)

野瀬泰申の「青森しあわせ紀行 その3①」シリーズ(①〜③)

野瀬泰申の「青森しあわせ紀行 その4①」
野瀬泰申の「青森しあわせ紀行 その4③」

スナック いっき
場所平川市本町平野12-7
TEL0172-44-7377
Webサイトスナックいっき

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

まち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハン

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ