まるごと青森

白神山地発!子供から大人まで楽しめる岩木川ラフティング

観光スポット 体験 | 2023-08-29 08:00

 皆さん、こんにちは!
 まるごとあおもりチームのじゃすみんです。

 

 白神山地が世界自然遺産に登録されてから、今年で30周年!

 

 せっかくなので、まるごとあおもりブログを読んでくださる皆さんに白神山地のことをたくさん知ってほしい!
 そんなわけで、こちらは、私、じゃすみんがまるごとあおもりチーム白神山地特派員として、白神山地のならではの魅力を白神山地初心者目線で伝えていきたいシリーズです。

 第四弾は、岩木川でのラフティング体験。
 ネットで調べると、ラフティングとはラフトと呼ばれるボートを使って急流を下るスポーツのこと……らしいです。
 夏になるとテレビで見かけますよね。遊園地に行ったら絶叫系は乗りまくりたいタイプなので楽しそうだなと思っても青森ではできないよなあ……なんて思っていました。それが、

 青森でもできるの!?

 しかも白神山地の近くで!?

 何それ!!楽しそう!これは申し込みするっきゃない!

と、今回も白神カレンダーからコースを選択して申し込んでみました。

 

 集合場所は、道の駅津軽白神ビーチにしめやから車で23分のところにある「西目屋村スポーツ交流センター」。

今回のコースの主催AGROVEのスタッフさんたち。お世話になります!

 まず全体の流れの説明を受けて、一人一人ウェットスーツとウォーターシューズを渡されます。
(水温が高くても低くても必ずウェットスーツを着るので、水着や濡れてもいい下着、薄い素材の服などウェットスーツ前提で服を選んだ方がいいかと思います。また、水辺で虻などの虫も多いので虫除けスプレーもあったほうがいいですよ!)

 ちなみに、背の高い人に朗報です!
 高身長が理由でアトラクションに乗れなかったり、アクティビティ体験に不安を持ったりしたことはありませんか?
高身長に対応したスーツもあるので、身長が190センチ以上ある方でもラフティングができますよ!

 

 建物の入り口は同じですが、中で男女別の更衣室があるので、着替えはそこで。貴重品を入れるロッカーもあります。

 着替えて、さっそくスタート地点へ。
 スタート地点の上流へは、A GROVEさんの車に乗って行きます。後ろにボートを牽引して運転するスタッフさんがかっこよすぎました。

 着いたら、ライフジャケットを着て、準備運動とインストラクターさんからパドルの漕ぎ方やボートから落ちてしまった時の対処法を習います。

 ライフジャケットはスタッフさんが着方をしっかりとチェックしてくれるので、落ちても安心です!(もちろん怖いので、落ちたくはないですが

頼りになるインストラクターさん。この時は、あんなにエンターテイナードSだとは思いませんでした。(笑)

 パドルは一番後ろに座るインストラクターの先生の指示で動かしていきます。
気温が高い日だったので水が気持ちいい!
 当たり前のことですが川に流れがあるので、津軽白神湖でのSUPと違って、パドルが重い!でも、みんなと力を合わせて漕ぐのが本当に楽しい!

 結構すごい勢いで流れているところでもインストラクターさんの指示に合わせて漕がなくてはいけないので、みんなで「うそでしょ!?」「ワ〜〜〜!!」「まだ漕ぐの!?」「ギャ〜〜〜!!」と大騒ぎでした。

これは先頭の人目線。ずぶ濡れになりたい人は、先頭に乗りましょう♪
これ、めちゃくちゃ騒いでいます。(笑)
ラフティングの合間に5mの小さな丘から川にスプラッシュダイブもできます!率先して手を挙げたものの、ダイブの瞬間はやはり少しがけ腰が引けました… インストラクターさんによると、小学生からなんと70代の方まで意外と幅広い世代の人がチャレンジするそうです。

ラフティングの合間には、インストラクターさんから西目屋村の自然についてのレクチャーを受ける時間もあります。

 ちなみに、ラフティング最中の景色は本当に素晴らしくて目の保養でした!
 直前に大雨が降った影響で川の色が濁って本来の色(綺麗な緑色)ではありませんでしたが、青空の下に広がる葉っぱの色はサイコ〜!

 秋にはこの緑たちが紅葉に染まるそうなので、秋のラフティングも面白そう!!と今から申し込む気満々になっちゃうくらい大自然が美しくてうっとりしました。

 そしてなんと! これまた朗報なんですが、このラフティング体験!
 近隣の温泉施設の入浴券付きなんです。
 海水と違って、髪がギシギシしたり、肌が痒くなったりはしないけれど、入浴券が付いているのは正直か〜なりありがたい!

 なので、着替えを忘れない!ことはもちろん、お風呂道具も準備しておくといいと思います。

 

 ということで、初めてのラフティング体験は、何から何まで至れり尽せりで、本当に楽しかったです。

 あまりにも楽しすぎたので、友人や家族を連れて近いうちにまた体験しに行きたいと思っています。(今年はとても暑いですし…

 ちなみに、スタッフさんが橋の上など所々で写真を撮ってくれます。最後にダウンロード先も教えてくれるので、ラフティングを楽しんでいる写真も後からばっちりゲットできますよ!

 ぜひぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね〜♡

 

by じゃすみん

(主催)A GROVE
場所青森県中津軽郡西目屋村田代名坪平83−1
TEL080ー2836ー1735
時間4月下旬〜10月まで
料金大人6,600円(8/30までは繁忙期により7,700円)、小学生以下4,400円(8/30までは5,500円)
Webサイト白神カレンダー

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

まち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハン

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ