まるごと青森

世界自然遺産でラグジュアリーなブナMORIカフェ

観光スポット 体験 | 2023-09-24 19:28

皆さん、こんにちは!
まるごとあおもりチームのじゃすみんです。

 

白神山地が世界自然遺産に登録されてから、今年で30周年!

 

 せっかくなので、まるごとあおもりブログを読んでくださる皆さんに白神山地のことをたくさん知ってほしい!
そんなわけで、こちらは、私、じゃすみんがまるごとあおもりチーム白神山地特派員として、白神山地のならではの魅力を初心者目線で伝えていきたいシリーズです。

 

6弾は、白神山地のブナ林で贅沢なコーヒータイムを楽しむコースに参加してきたレポートです。

さっそくですが、皆さんコーヒーはお好きですか?
私は「このコーヒー豆じゃないと嫌!」というようなこだわりはありませんが、朝食や昼食後には必ずコーヒーが飲みたくなるし、新しいコーヒーショップができればチェックし、休日は一人で喫茶店やカフェにふらっと立ち寄ってゆるゆる過ごすのが好きです。

そんな訳なので、白神カレンダーで『白神の森の中、貴方だけの「ブナMORIカフェ」。贅沢なひと時を過ごしてみませんか』の一文を見つけた時、かなり惹かれました。

白神山地のアクティビティはすでに5回ほど体験しているので、ブナ林散策がどんなコースなのか大体把握しています。
でも、あのブナ林の中でコーヒーが飲めるコースがあるなんて知りませんでした。
白神担当じゃなかったとしても、コーヒーでのチルタイムが好きな私には十分魅力的なアクティビティです!
ということで、さっそく今回も白神カレンダーから申し込んで行ってきましたよ〜

 

集合場所は道の駅津軽白神ビーチにしめやから車で約25分の、アクアグリーンビレッジANMON

服装は、帽子・UNIQLOの薄手パーカー・長ズボン・スニーカーで行きました!
暑ければ、半袖でもOKだと思いますが、虫除け対策は必須です。半ズボンは虫に刺されることもあるのであまりオススメはしません。
(ちなみに、女性の方に朗報!うっかりパンプスで来てしまっても、アクアグリーンビレッジANMONで靴カバーを売っています。靴の上から履くタイプでくるぶしまで靴を覆ってくれるので意外と快適に散策できますよ)

ブナMORIカフェの主催は、白神山地ガイド会さん。
今回のガイドさんは、代表の渡邊さんです。

「なぜかみんな熊さんって呼ぶんだよね〜」とニコニコと笑う渡邉さん。かわいい!

 

まずは、ガイドさんのお話を聞きながら、ブナ林をゆっくり散策します。

 

突然木のベンチを指差し、「これなんだと思う?」というガイドさん。


……まさかですか?」と答えたら、大当たり!こ、こわ〜〜〜〜!!

人の気配を感じると熊も怖がって近づいてこないそうですが、こうしてブナ林の山道にも普通に現れるそうです。ベンチや看板などのシンナーが気になるようで、かじったりひっかりたりしていくんだとか。

ちょっと怖くなったので、ガイドさんから離れないようにしようと決めた瞬間です(笑)

土が削れているのに全然倒れないブナ。広く浅く根を張るブナは隣の根と絡みついて支え合って生きていきます。そして100年ほどのブナだと約ドラム缶3本分の水を貯めるんだとか。

 

そして、フレンドリーでノリのいいガイドさんの話を聞きながらたどり着いたのは、ブナ林の中にある湧き水の水飲み場。

白神山地の湧き水は超軟水!その硬度は、わずか0.2mg/ℓだとか。
(WHOの飲料水水質ガイドラインでは、硬度60mg/ℓ未満を軟水というそうです。えええ!?本当に「超」軟水ですね)

ちなみに、某クリスタルカイザー信者の私にはドンピシャ好みのお味でした。
美味しすぎる〜〜〜!!

空のペットボトルを持って行けば、水を汲んで持ち帰ることもできますよ。
空でなくても「水に限り」その場の土などに流し捨てて、湧き水を汲むことができます。

ガイドさんはこの水をペットボトルに入れて持ち帰り、ウィスキー用の氷にして飲んでいるんだとか。待ってください、天才すぎませんか?絶対に美味しい!

 

さて、もうお気付きの方もいるかもしれませんが、ブナMORIカフェはこの白神の湧き水を使ってコーヒーを淹れるんです!

「え〜!!最高じゃないですか!?」とテンションが上がって早くも歓声を上げてしまった私の前で、ガイドさんがテキパキとカフェのオープン準備をしてくれます。

折りたたみのテーブルにチェア。
やかんにバーナーにBBQ用のハンドルタイプの網。
完璧に山カフェのキッチンです。

汲んだばかりの湧き水をやかんに入れて、ガスバーナーで沸騰させ、豆に注いでいくとコーヒーのいい匂いが漂ってきました。
それだけでなく、網でワッフルを挟み、目の前で熱々に焼いてくれるんです。
ワッフルにはお好みで西目屋村で採れた蜂蜜を垂らして食べることができますよ。

これは完全にカフェメニューです。

 

「ブラックコーヒーが飲めない人も意外とイケちゃうんだよ」とガイドさんが言っていたとおり、エグ味がなくすっきりした美味しさでびっくりしました。
豆はスーパーで購入した一般的なコーヒー豆なんだとか。改めて白神の水の威力に衝撃を受けます。

そして、見上げると美しいブナ林が広がっているという非日常感!

私は首都圏のアフタヌーンティーやホテルラウンジなどのラグジュアリーな空間が好きでそれを目的に旅行に行くこともあるんですが、そこに負けないくらいの贅沢さなのではないかと思います。
なんと言ってもここは世界遺産の中!
まさかその中で、そこの湧き水を使ったコーヒーを飲んでいるなんて、と思うとちょっと感動します。

コース全体の所要時間は3時間ですが、MORIカフェ前後のガイドさんのお話は全部ためになるし面白く、途中MORIカフェで甘いものと贅沢タイムで元気チャージできるのであっという間でした。

ちなみに、今なら弘前市の老舗焼き菓子店「しかないせんべい」さんのちょっと甘いおせんべいもももらえます

 

それでは最後に、私の当日の持ち物を書いておきますね!
*天候 雨のち曇り 最高気温22度 最低気温16度
*服装 帽子・UNIQLOの薄手パーカー・長ズボン・スニーカー
*持ち物 無印良品のリュック・携帯・財布・飲み物・タオル
(空のペットボトルなどを持っていけば湧き水が汲めます。水の入ったペットボトルでもOK)

 

ようやく秋めいてきたので、防寒対策はしたほうがいいかもしれません。
(暑くなれば脱げばいいですし……)
ちなみに、実際に歩いてみると、必要なものが入ればリュックじゃなくてもいいかなあと思いました。

ブナMORIカフェは11月上旬までの開催。
これからは寒くはなりますが、紅葉シーズンに突入します!体験した人にしかわからない、あの贅沢な空間をぜひ皆さんにも味わってほしいです!ラグジュアリーな余韻が凄まじいこと間違いなしですよ♪

 

by じゃすみん

(主催)白神山地ガイド会
場所青森県弘前市藤代1−12−1
TEL0172−55−0090
FAX0172−55−7404
料金一人4,950円(最少催行人数2名)
Webサイト白神カレンダー
その他ブナMORIカフェは4月下旬〜11月上旬まで

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

まち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハン

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ