まるごと青森

気分は冒険者!白神山地の入口・西目屋村探見

観光スポット 体験 | 2023-10-02 20:00

皆さん、こんにちは!
まるごとあおもりチームのじゃすみんです。


白神山地が世界自然遺産に登録されてから、今年で30周年!


せっかくなので、まるごとあおもりブログを読んでくださる皆さんに白神山地のことをたくさん知ってほしい!
そんなわけで、こちらは、私、じゃすみんがまるごとあおもりチーム白神山地特派員として、白神山地のならではの魅力を初心者目線でゆるゆる伝えていきたいシリーズです。

 

7弾は、「里山探見!にしめや(白神そば付き)」

青森県一小さな村をガイド付きでプチぶら散策し、最後に蕎麦を食べるお得コースです。

毎度皆さんに「西目屋村は白神山地の入口!」と紹介しているわりに、実を言うと、私自身も西目屋村についてあまり知らないのです。
観光の職員として、これを機に西目屋村について少しは説明できるようになるのでは!?と今回も白神カレンダーから申し込みしてました。
(蕎麦が食べたいと思ったことも理由ですが笑)

 

 

集合場所は、津軽白神インフォメーションセンター。
弘前駅から車で約
40分ほどの道の駅津軽白神ビーチにしめやの隣にあります。

 

今回ガイドしてくださるのは、津軽白神ツアーさん。

ガイドさんは毎日5キロ以上はウォーキングしているそうで、ずっと元気!かなりの体力オバケでした。

 

この日は雨予報だったので、ウィンドブレーカーや傘を持っていきました。
足元はスニーカーで十分ですが、雨の日は濡れるので多少汚れてもいい靴の方がいいかもしれません。

 

旧道を進み、西目屋村を探検していくと、「津軽十景」という石碑が現れます。

目屋渓谷は昭和3年に「津軽地方の住民が選ぶ」絶景の一つでした。確かにどこを切り取っても綺麗な景色にうっとりします。

 

 

さらに先に進むと、見返り坂という場所に。
後ろを振り返ると、遠くに岩木山が!

この日は残念ながら頭に雲が被っていましたが、晴れた日は綺麗に岩木山が見えます。

 

そして、今回皆さんにご紹介したい岩谷観世音堂に辿り着きます!

かつて、唐牛三左衛門という人物が二本の角がある神馬に乗ってこの地を訪れた時に気を失い、落馬してしました。
三左衛門は奇跡的に助かりましたが、彼が目を覚ました時、馬は川沿いの洞窟に倒れていたのです。

三左衛門は自分が助かったのは馬のおかげだ、とここは馬の霊を祀ったお堂なんです。
鳥居のところには狛犬ではなく、馬がいるんですよ。
(しかし皆さんにお見せしたかった肝心の馬の写真を撮り忘れるという大失態)

さらに面白いのは、鳥居をくぐり、林の中の細い階段を下っていくと……

急に出てくるアドベンチャー感。

 

なんと目の前に岩木川が現れます。

びっくりすることに、岩谷観世音堂まではこの岩木川沿いを歩いていくんです!
パイプの手すりはありますが、落ちたらそこは岩木川。
少し怖かったけれど、すっかり冒険者気分でワクワクが止まりません!

 

「さあ、着いたよ!」というガイドさんの声に目線を上げると、岩と岩の窪みに作られた岩谷観世音堂がありました。

いや、ホントすごいところにある……。
岩の壁が上下左右後方で奇跡のバランスを保っています。(木の棒が気持ち程度のつっかえ棒の役割を果たしています)

お堂から川を振り返ると、絶景が広がっています。
ガイドさん曰く、
紅葉シーズンも最高なんだとか。

私の中の「秋も来たいランキング」の一気に上位に!

 

圧巻の岩谷観世音堂の後は、青森県内の冬のニュースでもお馴染み・乳穂ヶ滝」に行って来ました。
テレビの画面では何度か見たことがあるけれど、実際には来るのは初めて!

しとしとと静かに流れ落ちる滝はいつまでも眺めていることができます。

私は上から見る滝の方が厳かで好きでした。

この静かな滝は、冬になると一本の柱のように凍ります。
毎年
2月の第3日曜日に行われる乳穂ヶ滝氷祭では、氷瀑の太さや形から農作物の豊凶を占うんですよ。
今年はどんな氷瀑になるのか楽しみです♪

 

さて、約2.5時間西目屋村を回り、道の駅津軽白神ビーチにしめやに戻ってきた私を待っていたのは、西目屋村産の蕎麦粉で作った白神そば!
西目屋村は県内でも有数の蕎麦の名産地なんですよ♪
風味が損なわれないように石臼でゆっくりじっくり挽かれるそうで、香りが高くて美味しかった〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
何よりも、疲れた体に蕎麦の優しい味が沁みわたります。

 

ということで、あまりにも盛りだくさんな西目屋村再発見のコースは、絶景と穴場スポットの宝庫なのでぜひ参加してみてくださいね!
コース自体は10月末まで。
これからの紅葉シーズンのちょっとしたお出かけにぴったりではないでしょうか。

 

ちなみに、説明するとどうしても長くなってしまうので省きましたが、途中途中があまりにもカオスで面白かったので、写真だけ載せます。

突然現れる巨大なコンセント…もとい、橋の土台。令和5年度中に橋は完成するそうなので、見れるのは今だけ?
乳穂ヶ滝の鳥居をくぐると出迎えてくれる謎の大剣。不動明王の剣ということですが、某ゼルダの伝説的なワクワク感が!

 

最後にいつものように、当日の服装と天気を記載しておきますね!
天候 雨(残念ながらゲリラ豪雨的な土砂降り)のち曇り
最高気温
22度 最低気温16

服装 mont-bellウィンドブレーカー、UNIQLOの薄手パーカー、長ズボン、スニーカー、帽子、無印良品のリュック、飲み物、タオル
飲み物は途中で入手することができないので、持っていった方がいいと思います。

 

絶景とカオスが混在する西目屋村を知ることができた、「里山探見!にしめや」コース、オススメです♡

by じゃすみん

(主催)津軽白神ツアー
場所青森県中津軽郡西目屋村田代神田219−1
TEL0172−85−3315
時間9:00-17:00
料金一人2,500円(大人・小人同額)、幼児無料(参加人数に含まない)
Webサイト白神カレンダー
その他定員10名(最少催行人数2名)

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ