まるごと青森

下北ならではの地形と海流がもたらす海の恵みで握った「津軽海峡寿司」

グルメ 特産品・お土産 イベント・まつり | 2023-10-17 11:42

10月9日

むつ市大畑にある大畑八幡宮において、下北ジオ・ダイニング((一社)しもきたTABIあしすと主催)が秋晴れの空の下で開催され、参加してきました。

下北ジオ・ダイニングといえば、下北半島の美しい景観と下北半島が育んだ食を融合させる「下北ジオ・ガストロノミー・ツーリズム」の取り組みのことで、過去に、佐井の仏ヶ浦、風間浦の湯ん湯ん♪、横浜の菜の花畑で開催しており、景色も料理を楽しむ一つの要素として捉えていたように感じていました。

今回舞台となったのは大畑八幡宮。これまでの景観を重視した会場とは違って、「ここは市民の心の拠り所であり、この神聖な空気感が景観美にも勝る」と挨拶したのは、しもきたTABIあしすとの坂井事務局長。

続けて、宮浦禰宜からは、「ジオの地形が大畑という土地を生み、そこに大畑の民がいたから、370年もの間、八幡宮が愛され、親しまれてきた」と話しました。

今回用意されたダイニングの主役は、津軽海峡で水揚げされた魚介類。
「津軽海峡寿司」と銘打って、荒々しく激しい津軽海峡で育まれた極上の魚を、地元大畑で定置網漁業を営む「金亀水産」が仕立て、むつ市内で鮨割烹を営む老舗「東寿し」が魂を込めて握ったものでした。

大間マグロ、イカ、ホタテ、ヒラメ、サーモン、真鯛、勘八、松皮、、、これが全て、今の時期に津軽海峡で水揚げされたものばかりとは、驚きでした。しかも、かなり豪華!

併せていただいた飲み物が、関乃井酒造の「祈水(特別純米酒)」「北限海峡(純米酒)」、そしてサンマモルワイナリーの「下北ワイン Seaside」でした。その他に、「尻屋埼灯台サイダー(塩ラムネ味)」などノンアルコールも用意されました。

食事を楽しみながら観賞したのは、八幡宮の例大祭に奉納される伝統芸能「関根橋神楽」。地域に根ざし、地域を見守ってきた神楽はとても神聖で、見入ってしまいました。

最後に提供されたのは、石田製あんの餡子にボンサーブのジェラートをピザの生地で包んだデザート。合わせたのは、ご存知の方も多い艮珈琲店の「シングルオリジンコーヒー」でした。

想像以上に充実した、とても贅沢な時間でした。

願わくば、今後、むつ市もしくは下北地域の寿司屋さんで「津軽海峡寿司」が食べられる日が来ることを楽しみにしています。

 

by. トリッキー

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ