まるごと青森

新井田川SUP

気軽に市街地で楽しめる水上アクティビティがある!SUP初心者の体験レポート

体験 | 2024-06-28 12:00

気温も上がり、外でのアクティビティが気持ちいい季節になってきましたね。
皆さんは水上アクティビティを体験したことはあるでしょうか?

「わざわざ海まで長い時間をかけて行くのは面倒だよな~」
といったことを感じる方も多いかもしれません(私もそんなことを思っていた1人です)。

今回は、昨年2023年6月に八戸市街地近くで始まった「新井田川SUP」を、水上アクティビティ初心者の私が体験した様子をレポートします。

そもそもSUPって?


まず、SUP(サップ)について簡単にご説明すると、正式名称はスタンドアップパドルボードで、ハワイ発祥の水上アクティビティです。

ボードの上に立ってパドルを漕ぎながら水面を進む、いわゆる「水上のお散歩」で、他の水上アクティビティと違って初心者でも簡単に楽しめます。

新井田川とSUPボード
新井田川とSUPボード

デビューからちょうど1年!2023年6月からプログラム提供が始まった「新井田川SUP」


そんなSUPを、多くの方に身近に楽しんでもらおうと始まったのが「新井田川SUP」です。
八戸市民の生活圏内にある新井田川でこの新しいアクティビティを2023年6月から提供してくれているのが「北三陸OUTDOORS」代表の大津さんです。

北三陸OUTDOORS・代表の大津さん
北三陸OUTDOORS・代表の大津さん

生活圏内での実施にこだわった「新井田川SUP」


「水上アクティビティは大自然に囲まれた海で行われることが多く、移動時間の長さも考えると初心者の方には少しハードルが高いと思った」
このような経緯から、大津さんは八戸市の中心部にあり、生活圏内の新井田川でSUP体験を始めることを思いつきました。

初めてのSUPには、浅瀬で安心して楽しむことができる新井田川が「まさしく『水上のお散歩』にふさわしい」と、毎週水・土・日に新井田川でのSUPプログラムを提供しています(北三陸OUTDOORS・新井田川SUPプログラムの詳細はこちら

手ぶらで参加OK!


「だけど、面倒な準備はしたくない!」という私のようなワガママな願いも叶えてくれるのが、大津さんの優しいところ。
参加者は少しばかり濡れても気にならない服装で新井田川に向かえばそれでOK。

必要な道具(SUP、パドル、ライフジャケット)は、全て大津さんが準備してくれています。

大津さんが準備してくれるSUP道具一式
大津さんが準備してくれるSUP道具一式

いよいよSUPデビュー!


15分間、大津さんに懇切丁寧なレクチャーを受けたあとに、いよいよ新井田川にSUPを浮かべます。
川に落ちないかビクビクしながらスタートしたため、まずは座った状態で水に慣れていきます。

新井田川SUP
ビクビクしながらも進んでいきます

普段とは違う視点からの景色は爽快

徐々に新井田川を進んでいくと、そこから見上げる景色は普段見慣れたものとは違い、新鮮!
水面ギリギリまで近づいてくる鳥も、私と一緒に水上の散歩を楽しんでくれているようです。

鳥と一緒に水辺の散歩
鳥と一緒に水辺の散歩

後半には水にも慣れてきたのでいよいよ立ち上がってみました。
目線が変わると風と青空がさらに気持ち良く感じられて爽快です。

立ち上がると目線が変わってさらに楽しい!
立ち上がると目線が変わってさらに楽しい!

そうこうしているうちに、1時間のSUP体験はあっという間に終了。

大津さん曰く「初めてのSUPは水面に浮かんでいることが楽しすぎて、それだけで終わってしまうかもしれませんが、2回・3回と経験を重ねることで、また違った景色が見えてきます」
「特に、おすすめなのは早朝6時からの体験コース。街が動き出す前の静寂な時間帯に、水と一緒になりながら、徐々に街が目覚めていく様子を全身で感じることができますよ」とのことなので、こちらも体験してみたいですね!

青森県の水上アクティビティの入口として最適

初心者の私でも気軽に、そして楽しく体験できた新井田川SUP。
大津さんは「新井田川のSUPを入口として、青森県内の十和田湖や種差海岸などで様々なアクティビティを楽しんでほしい」ともお話されていました。

今年2024年の夏も猛暑の可能性があるとのこと。
気分を変えて、青森県内の水上アクティビティを楽しみながら涼んでみるのはいかがでしょうか。

By weno

北三陸OUTDOORS
場所青森県八戸市新井田川河川敷
TEL080-5226-2108
時間4月~10月の水、土、日曜日
料金はじめてのSUPの場合、3,500円(税込) ※18歳以上。2名以上参加の場合の価格で1名参加の場合+500円。
Webサイトhttps://kitasan-outdoors.com/free/sup

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

タグ: 八戸市

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀八戸市食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ